ブンデスリーガ初参戦となる(左から)ヌディカ、ポウルセン、ペルバン、ゴンザレス、ヌウ - © kein Copyright
ブンデスリーガ初参戦となる(左から)ヌディカ、ポウルセン、ペルバン、ゴンザレス、ヌウ - © kein Copyright
ブンデスリーガ

ブンデスリーガ初参戦のニューカマーを紹介

ブンデスリーガの各クラブが新シーズンに向けて精力的に補強を進めている。ブンデスリーガ初参戦となる新戦力の中にはまだドイツでそれほど知られていない選手も多いが、その多くはこれからドイツで名前を売っていく有望なタレントたちだ。予習しておいて損はないだろう。

エバン・ヌディカ(アイントラハト・フランクフルト←オセール/フランス)

年齢:18歳
国籍:フランス
ポジション:センターバック

192cmという高身長に加え、センターバックと守備的MF、さらに左SBでもプレーができることが最大の強みだ。オセールからやってきたヌディカは、U18からすべての年代別フランス代表に選出され、現在もU20同代表のメンバー。「私の個人的な目標は、もちろんできるだけ多くの試合に出場すること。新監督を迎えたアイントラハトでの任務を楽しみにしています」と鼻息は荒い。

- © imago / Hübner
- © imago / Eibner
- © imago / GEPA pictures
- © imago
- © gettyimages / AFP