Summary

  • ブンデスリーガ第10節2日目、アウクスブルク対ニュルンベルク
  • ニュルンベルクは2戦連続で引き分け
  • 久保はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった

ブンデスリーガ第10節2日目が11月3日に行われ、久保裕也が所属するニュルンベルクは敵地でアウクスブルクと対戦し、2ー2で引き分けた。久保はベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

アウクスブルク 2ー2 ニュルンベルク

試合が動いたのは11分、アウクスブルクのシュミットからのクロスを受けたフィンボガソンが先制点を決めた。アイスランド代表のフィンボガソンは負傷から復帰してからすでに6ゴールを記録している。

© gettyimages / Grimm

折り返して54分、フクスが今季初ゴールとなる同点弾を叩き込み1−1。しかし、その直後の59分にシュミットがフリーキックのチャンスに直接ゴールを狙い、右足から強烈なミドルシュートを放った。ボールはゴールの右隅に吸い込まれ再びアウクスブルクがリード。

© gettyimages / Grimm / Bongarts

試合終了間際の88分、ミュールがコーナキックからシュート。ニュルンベルクが二度目の同点弾を決める粘り強さを見せ、2ー2で引き分けた。

アウクスブルクが試合終了時点では9位、ニュルンベルクは2試合連続の引き分けで14位と順位に変動なし。

© gettyimages / Grimm / Bongarts

【得点】

アウクスブルク:フィンボガソン(11分)、シュミット(59分)
ニュルンベルク:フクス(54分)、ミュール(88分)

【ラインナップ】

アウクスブルク(3ー3ー3ー1)
ルーテ;ハウウェレウ、ケディラ、ヒンターエッガー;シュミット、マックス;バイヤー、リヒター(71分 ハーン)、ク(46分 ゲッツェ)、カイユビ;フィンボガソン

ニュルンベルク(4ー3ー3)
マテニア;バウアー、マルグライッター、ミュール、ライボルト;ベーレンス(73分 ライン)、ペトラク;フクス(84分 クネル);ミシジャン、ケルク(57分 パラシオス);ズレリャーク