“デア・クラシカー”11番勝負、第3回は中盤を徹底比較
“デア・クラシカー”11番勝負、第3回は中盤を徹底比較
ブンデスリーガ

ドルトムントvsバイエルン、ポジション別戦力比較~MF編~

世界中が注目するドイツ最大の一戦、ドルトムントとバイエルン・ミュンヘンによる“デア・クラシカー”が11月4日(土)に行われる。勝ち点3差で迎える大一番の行方を占うべく、両チームの戦力をポジション別に分析。“11番勝負”の第3回は両チームの中盤を徹底比較する。

【司令塔】
ユリアン・ワイグル(ドルトムント) vs ハビ・マルティネス(バイエルン)

足首の骨折からカムバックを果たしたワイグルは、トップフォームを取り戻すべく順調に試合を重ねている。持ち味は質の高いパスで、特に10本中8本を味方に通しているロングパスの精度は一級品。1試合の平均走行距離は12kmと運動量も豊富。平均10km足らずのハビ・マルティネスを大きくリードしている。

ハビ・マルティネスはユップ・ハインケス監督の就任後、これまでのセンターバックから本来の中盤にポジションを変更。最終ラインの前にどっしりと構える背番号6として、対人勝率67%、パス成功率94%をマークしている。1試合平均のパス本数とボールタッチ数はともにワイグルの数字を上回っている。