Summary

  • 第11節の最注目カードは伝統の“デア・クラシカー”
  • 首位バイエルンと2位ドルトムントの勝ち点差は「3」
  • ポジション別戦力比較の11番勝負。第1回はGK編

世界中が注目するドイツ最大の一戦、ドルトムントバイエルン・ミュンヘンによる“デア・クラシカー”が11月4日(土)に行われる。勝ち点3差で迎える大一番の行方を占うべく、両チームの戦力をポジション別に分析。“11番勝負”の第1回は両チームの守護神を徹底比較する。


ローマン・ビュルキ(ドルトムント)vs スベン・ウルライヒ(バイエルン)

ローマン・バイデンフェラーから守護神の座を奪って3年余り、今季のビュルキはここまでリーグ最多の5度のクリーンシートを記録している。しかし、ここ数試合のパフォーマンスはチーム同様に芳しくなく、3試合で9失点、シュート阻止率はわずか72%と低調な出来が続いている。

もっとも、ボールタッチ数ではウルライヒの倍以上にあたる553回を記録。これはビュルキが11人目のフィールドプレーヤーとして高い能力を持つことを示している。ここまで11失点を喫しているが、GKに落ち度があったケースはほとんどない。だからこそ、ドルトムントはビュルキと新契約を結んだのだろう。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Action Imagery

マヌエル・ノイアーの負傷離脱を受けてバイエルンのゴールマウスを守るウルライヒは、ここまでビュルキに次ぐ4度のクリーンシートを記録している。2015年に加入して以降、ノイアーの控えとしてほとんど出場機会がなかったが、めぐってきたチャンスでしっかりと存在をアピール。決定機の阻止率ではビュルキの30.8%を大きく上回る44%をマークしている。失点数もビュルキの半分以下の4失点だ。

味方の守備陣の出来に起因するため単純な比較はできないが、クロスボールの処理回数はウルライヒの16本に対してビュルキは20本。反対に、シュート阻止率ではウルライヒが76.2%とビュルキをわずかに上回っている。両者ともに得意分野では高い数字を残しており、GKの勝負はほぼ互角と言えそうだ。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Action Imagery