“デア・クラシカー”11番勝負、第4回はアタッカー陣を徹底比較
“デア・クラシカー”11番勝負、第4回はアタッカー陣を徹底比較
ブンデスリーガ

ドルトムントvsバイエルン、ポジション別戦力比較~FW編~

世界中が注目するドイツ最大の一戦、ドルトムントとバイエルン・ミュンヘンによる“デア・クラシカー”が11月4日(土)に行われる。勝ち点3差で迎える大一番の行方を占うべく、両チームの戦力をポジション別に分析。“11番勝負”の第4回は両チームのアタッカー陣を徹底比較する。

【右ウイング】
アンドリー・ヤルモレンコ(ドルトムント) vs アリエン・ロッベン(バイエルン)

今夏にドルトムントに加入したヤルモレンコはすぐにチームにフィットし、ここまで6試合で2ゴール2アシストを記録している。ペーター・ボス監督から主に右ウイングを任される28歳の持ち味は、高いテクニックと豊富な運動量。フィジカルも強く、対人勝率は51%を記録している。

ユップ・ハインケス監督の復帰以来好調をキープするロッベンは、層の厚いバイエルンにあっても欠かせない選手だ。今季はここまで2ゴールを挙げているほか、決定機の演出回数はリーグ2位の4回、シュートに絡んだ回数もリーグ4位の45回と攻撃に違いを生み出している。スピードに乗ったドリブルとシュートテクニックは今なおブンデスリーガトップクラスだ。