Summary

  • 第11節の最注目カードは伝統の“デア・クラシカー”
  • 首位バイエルンと2位ドルトムントの勝ち点差は「3」
  • ポジション別戦力比較の11番勝負。第2回はDF編

世界中が注目するドイツ最大の一戦、ドルトムントバイエルン・ミュンヘンによる“デア・クラシカー”が11月4日(土)に行われる。勝ち点3差で迎える大一番の行方を占うべく、両チームの戦力をポジション別に分析。“11番勝負”の第2回は両チームの守備陣を徹底比較する。


【右サイドバック】
マルク・バルトラ(ドルトムント) vs ヨシュア・キミッヒ(バイエルン)

バルトラはルカシュ・ピシュチェクの負傷により、最近2試合は右サイドバックでプレー。第9節のアイントラハト・フランクフルト戦ではアシストを記録した。バルトラの強みは64%の勝率を誇る空中戦。ただし攻撃参加は少なく、クロスは2本、シュートアシスト3本にとどまっている。

対するキミッヒはここまでリーグ最多の37本のクロスを供給し、32本ものシュートを演出。攻撃面でも存在感を発揮している。第4節のマインツ戦(4ー0)で3アシスト、第8節のフライブルク戦(5ー0)では自らゴールを決め、スコポイントはDF2位の「4」を記録している。

【センターバック】
ソクラティス(ドルトムント) vs ジェローム・ボアテング(バイエルン)

チームリーダーとしてドルトムントの最終ラインを束ねるソクラティスは、闘志を前面に押し出したプレーが持ち味だ。今季の欠場は出場停止による1試合のみで、ボールタッチ数はここまでリーグ最多の848回。ビルトアップに欠かせない選手となっている。スピード勝負でも、ボアテングの時速33.5kmに対してソクラティスは時速34kmとギリシャ代表DFに軍配が上がる。

ケガで出遅れたボアテングはまだ5試合の出場にとどまるが、ここまで対人勝率はチームトップの67%。さらに空中戦の限れば73.3%まで跳ね上がる。持ち味であるロングボールによるチャンスメークも健在で、5試合でロングパス54本は、9試合で46本のソクラティスを大きく上回っている。

エーマー・トプラク(ドルトムント) vs マッツ・フメルス(バイエルン)

トプラクはここまで先発した4試合の中で驚異的な数字をマークしている。90分あたりのボールタッチ数はリーグトップの126回。チームトップの対人勝率69%を記録し、パスミスもわずか5.5%しかない。相手のフメルス(パス失敗率8.8%)と比較してもパス精度の高さが際立っている。

フメルスのボールタッチ数はソクラティスに迫る823回。チームで最も多くボールに触れ、正確なパス(成功率91.2%)で最終ラインからゲームを組み立てている。守備やビルドアップに加え、セットプレーにも強く、CKからのシュート数はリーグ最多の8本。すでに1ゴールを決めている。ボアテングほどではないがロングパスも多く、その本数はトプラクの12本の6倍近い59本を数える。

【左サイドバック】
ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント) vs ダビド・アラバ(バイエルン)

左足首骨折による長期離脱からカムバックを果たしたゲレイロは、複数ポジションをこなす万能性が持ち味。バイエルンとの大一番では左サイドバックでの起用が濃厚だ。昨季は加入1年目ながら24試合に出場して6ゴール6アシストと堂々たる結果を残した。高い得点力にも期待がかかる。

ゲレイロと同様、負傷からカムバックを果たしたアラバもユップ・ハインケス監督の下でかつての強さを取り戻しつつある。攻撃のスイッチ役を務めつつ、ここまで23本のクロスを供給。フライブルク戦ではゴールも決めた。ゴールに絡むことが多いゲレイロに対し、アラバの持ち味はパスの正確さで、パス成功率は92.1%を誇っている。