Summary

  • DFB杯決勝、フランクフルト対ドルトムント
  • ドルトムントが5年ぶりの優勝
  • 長谷部はベンチ外、香川はフル出場

ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)決勝が5月27日にベルリンで行われ、長谷部誠が所属するアイントラハト・フランクフルトと香川真司のドルトムントが対戦し、2ー1でドルトムントが勝利した。長谷部はベンチ外、香川はフル出場だった。

アイントラハト・フランクフルト 1ー2 ドルトムント

組織的守備を長所とするフランクフルトと、スピードあふれる攻撃を武器にするドルトムントの一戦は、開始から8分後に先制点が生まれた。左のロイスが逆サイドへ大きく展開し、これを受けたピシュチェクが縦パスを入れると、ペナルティーエリア右のデンベレが深い切り返しでバジェホをかわしてシュート。これがフランクフルト守護神フラデツキーの上を抜け、ネットに突き刺さった。

しかし、なかなか効果的なボール回しをできないドルトムントに対し、手数をかけないシンプルな攻めを見せるフランクフルトが徐々に決定機を作り出していく。20分、左サイドでレビッチがバルトラを押さえながらキープし、ファーサイドへセンタリングを放り込むと、チャンドラーが頭で合わせる。だが、ボールは枠を捉えることはできなかった。

© imago

26分にはカウンターから右サイド前線へボールを送り、チャンドラーがニアサイドへグラウンダーのパスを送るも、ゴール前に走り込んだセフェロビッチの足には数十cm届かない。

するとその3分後、フランクフルトが同点に追いつく。高い位置でファビアンがボールを奪うと、ガチノビッチへとつなぎ、そこからのスルーパスに反応したのはレビッチ。ペナルティーエリア左からファーサイド側のネットへ蹴り込み、試合は振り出しに戻った。

さらに39分、ガチノビッチとのワンツーでゴール前に進入したセフェロビッチが絶好の位置でシュートチャンスを迎えたが、狙いすまして蹴られたボールは惜しくも左ポストを直撃する。

© gettyimages / Grimm / Bongarts

1ー1でハーフタイムを終えると、ドルトムントは後半開始からロイスとシュメルツァーを下げ、カストロとプリシッチを投入。これが功を奏し、ドルトムントは前半よりも効率良くフランクフルト陣内深くまで攻め込むようになる。

後半最初のチャンスは50分のドルトムントだった。ふわりとしたパスがペナルティーエリア左に送られ、これを受けた香川が角度のないところから左足で狙うが、ボールはアブラハムがブロックした。

63分には右のデンベレがチップキックで中に送ると、オバメヤンがバイシクルシュート。GKフラデツキーも反応できず、ドルトムントが追加点を奪うかと思われたが、カバーに入っていたファビアンがゴールライン上でブロックし、ボールはさらにポストに当たって再びピッチ上へ転がっていった。

© imago / Weber

すると66分、ゲレイロの浮き球パスを受けたプリシッチがフラデツキーに倒され、ドルトムントがPKを獲得する。そして67分、オバメヤンがこれを冷静にゴール中央へ流しこみ、ドルトムントが再びリードを奪った。

85分には、裏への長いボールにオバメヤンが抜け出し、アブラハムをかわして右足を振り抜いたが、ボールは右ポストをかすめながら枠の外へ流れてしまう。

そしてこのまま試合は2ー1で終了。ドルトムントが5シーズンぶり4度目のDFB杯優勝に輝いた。1987/88シーズン以来の戴冠を目指したフランクフルトだったが、ファイナルに進出した2005/06シーズンと同じく、1点差で涙を飲んでいる。

© imago / Huebner

【得点】

アイントラハト・フランクフルト:レビッチ(29分)
ドルトムント:デンベレ(8分)、オバメヤン(67分)

【ラインナップ】

アイントラハト・フランクフルト(3ー4ー1ー2)
フラデツキー;ヘクター、アブラハム、バジェホ;チャンドラー(72分 マイヤー)、メドイェビッチ(56分 タワタ)、ガチノビッチ、オチプカ;ファビアン(79分 ブルーム);セフェロビッチ、レビッチ

ドルトムント(5ー1ー2ー2)
ビュルキ;ピシュチェク、バルトラ(76分 ドゥルム)、ソクラティス、シュメルツァー(46分 カストロ)、ゲレイロ;ギンター;香川、デンベレ;オバメヤン、ロイス(46分 プリシッチ)