Summary

  • ドルトムントMFヌリ・シャヒン、インタビュー
  • クラブ史上最年少デビューを果たすも、ここ数年はけがに泣かされ……
  • 先発復帰したシュトゥットガルト戦の感想とルールタービーに向けて

前節はバイエルン・ミュンヘンとの「デア・クラシカー」で0ー6の屈辱的な大敗を喫したドルトムントだったが、今節はホームでシュトゥットガルトに3ー0の勝利を収めた。これで2位シャルケとの勝ち点差を1に縮め、4月15日にアウェーで行われる「ルールダービー」を迎える。シュトゥットガルト戦で9試合ぶりに先発復帰したMFヌリ・シャヒン(29)に試合後、インタビューを行った。

――シャヒン選手、シュトゥットガルト戦は価値ある勝利でしたか?

シャヒン 勝ち点3ですから、そうですね。それに僕が出場しましたしね(笑) 冗談はさておき、難しい状況の中、後手に回らずに持ちこたえ、後半は自由にプレーできたことが重要でした。後半の内容は勝利に値すると思います。今節は僕たちと順位を争うライバル同士が激突しますし(※)、シャルケは勝ち点を拾えませんでした。だから、この勝ち点3は僕たちにとって特に大きいです。

(※)ライプツィヒ対レーバークーゼン、アイントラハト・フランクフルト対ホッフェンハイム

――ドルトムントは今節終了後、5位のチームと勝ち点差5をつける可能性もあります。これはすでに残りのシーズンの行方を示唆しているでしょうか?

シャヒン ダービーが終わるまでは待ちましょう。もっと上に行けるかもしれませんから。今はまず、ダービーで勝ちたいです。そうすれば僕らは2位に浮上します。もちろん、勝ち点差をつけられることは良いことです。僕たちはまだシャルケとレーバークーゼンとの試合が残っていますし、ホッフェンハイムも後方から虎視眈々と狙っています。だからこそ、今日の勝利は非常に重要でした。残り6試合を見ても、僕はこのシュトゥットガルト戦がカギとなるとにらんでいました。

© gettyimages / Stollarz / AFP

「ここ2、3年、僕は常にゼロか100」

――シャヒン選手は久々の先発出場となりましたが、納得させるプレーでした。個人的に今日の試合はいかがでいたか? また、現在の心境は?

シャヒン 完全に疲れましたよ。でも、妻がこれからコンサートに行きたいって言ってるんです。本当は家族と一緒にソファでくつろぎたいんですけど(笑) でも、夫としての義務を果たさなければ……。今日は僕にとって本当に良い日でした。ここ2、3年、僕は常にゼロか100でしたから。中間というものが僕にはなかった。プレーするか、完全離脱か。ミーティングまで出場するのかは知りませんでした。前半は自分たちで試合を難しくしてしまいましたが、その後は良いプレーができました。自分も良いプレーをしたと思うし、残り5週間のためにアピールできたと思います。

――先制点によって、試合が180度変わりました。現在のドルトムントは頭に問題を抱えているのでしょうか?

シャヒン 先週のミュンヘンでのような試合、0ー6の自業自得の敗戦は簡単に忘れられるものではありません。もっと最悪な結果に終わってもおかしくなかった。バイエルン戦の前半にピッチに立っていた選手にとっては難しかったと思います。それはシュトゥットガルト戦のピッチ上でも分かりました。でも、先制点によって僕たちはとてもしっかりと良いプレーができ、正当に勝利しました。

――ピッチ上で選手として、ドルトムントのポテンシャルを感じることはありましたか?

シャヒン 2点目の後、サッカーをより見せることができたと思います。ボールをつなぎ、相手に渡さず、無難にキープするのではなく、攻撃的に仕掛けました。それで僕たちの持っているポテンシャルをお見せしたと思います。また、僕たちにはマーコ・ロイスのようなレベルを持ち上げてくれる選手もいます。

前回のシャルケ戦はまさかの同点劇……

――次節はシャルケとのダービー戦の前ということもあり、ポジティブな方向へと向いたことは特に重要では?

シャヒン プロになってから、2005年にはドルトムントの財政危機があり、あの時はサッカー以外のことが多く話題になることを経験しました。僕たちは現在、同じような状況にいます。それは決して簡単ではない。毎週、新たなヘッドラインがつけられ、多くのことが起こります。この試合の前、僕はロッカールームでチームメートに言いました。「僕たちは残り6試合、最大で勝ち点は18になるが、何ポイントを獲得する?」 それは分析することができます。それは僕たち選手もやります。僕たちは批判をしないとか、自己評価をしないということではありません。そういうことは全てやります。でも、今の僕たちには時間がないのです。新たな実験を試したり、3、4週間で新しい選手をつくり上げることはできません。シーズンは終わりに近づいていますから。今はあと90分×5回で自分たちの成果を出し、試合に勝たないといけない。それに取り掛かっていきます。

――現在はダービーにフォーカスされていると思います。前回、ホームで4ー0のリードをしながら4ー4の引き分けに持ち込まれたことは、チーム内で再び話題になるのでしょうか?

シャヒン (苦笑) あの試合についてはもう話したくありません。4ー4に追いつかれたことを、世間がまた大きな話題にしていることは分かっています。それは自分たちが蒔いてしまった種です。ダービーですから、常に非常に多くのことが関わってきます。今回は勝者が2位になるので、さらなる起爆剤ですね。それだけでもモチベーションは十分です。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

――シーズン目標はブンデスリーガ準優勝に定まっているということでしょうか?

シャヒン そうなるといいですね! それが理想です。メインの目標はもちろん、欧州チャンピオンズリーグの出場権獲得です。2位でそれができたら、良いですけどね。そうすればお隣さん(シャルケ)の上を行きますし、とてもとても面白いシーズンを宥和的に終えることができるでしょう。