ドルトムントはここまで16ゴールの絶対的エースを欠いて後半戦をスタートさせる - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ドルトムントはここまで16ゴールの絶対的エースを欠いて後半戦をスタートさせる - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

エース不在はピンチではなくチャンス

ピエールエメリック・オバメヤンのアフリカネーションズカップ参加により、ドルトムントは最長で1カ月もエース抜きでの戦いを強いられる。エースストライカーの不在は現在6位に甘んじるチームの上位浮上を難しいものにするかもしれない。だが、代役のオプションを数多くそろえるトーマス・トゥヘル監督にとってはチーム改革の好機でもある。

オバメヤンはここまで一人でリーグ戦16ゴールを挙げているが、ドルトムントはオバメヤン以外の選手が計19ゴールを記録。攻撃陣に豊富なタレントを有しており、チーム改革を強いられることが結果として新発見につながる可能性もある。オバメヤンに代わる得点源として最も期待されるのはマーコ・ロイス。11月にケガから復帰し、リーグ戦出場はまだ4試合と彼の2016/17シーズンは始まったばかりだ。ウィンターブレーク中にトップコンディションを取り戻せれば、ブンデスリーガ通算86ゴールの得点力をいかんなく発揮するだろう。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Thomas Niedermüller
- © imago