ドルトムントチームバスが襲撃された事件により、ドルトムント対モナコは翌12日に開催される - © © gettyimages / Hitij / Bongarts
ドルトムントチームバスが襲撃された事件により、ドルトムント対モナコは翌12日に開催される - © © gettyimages / Hitij / Bongarts

ドルトムント対モナコ、延期が決定

4月11日に開催される予定だった欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、香川真司が所属するドルトムント対モナコ(フランス)の一戦は、キックオフ時間直前で延期が決定し、翌12日18時45分(日本時間12日25時45分)に代替開催されることが決まった。

地元警察の発表によると、ドルトムントの選手らを乗せたチームバスは11日19時過ぎ、滞在先のホテルを出発したところで爆発物による襲撃を受け、バスのガラスが一部破損。またドルトムント公式ツイッターによれば、マルク・バルトラが負傷し、同選手は病院で治療を受けているという。なお、その他の選手が負傷したという情報は、今のところ発表されていない。