6日開催のブンデスリーガ第32節、3位の座を巡ってドルトムントとホッフェンハイムが激突する
6日開催のブンデスリーガ第32節、3位の座を巡ってドルトムントとホッフェンハイムが激突する
ブンデスリーガ

ドルトムントVSホッフェンハイム、ポジション別戦力比較

今季の優勝争いはバイエルン・ミュンヘンの5連覇で終焉を迎えたが、ブンデスリーガはまだまだ見どころ満載。中でもドルトムントとホッフェンハイムの3位争いが白熱している。

FW

5月6日に開催される第32節ではそのドルトムントとホッフェンハイムが激突。まだ2試合を残しているとはいえ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)の本戦出場権が得られる3位の座を懸けた“決戦”と言っていいだろう。マーコ・ロイスが「カップ戦の決勝と同じ」と表現する一戦を前に、ポジション別のチーム状況を比較してみよう。

ドルトムントFW陣がホッフェンハイムのFWよりも手強いという意見に異論を唱える者は少ないだろう。ロイスは6週間の負傷離脱から復帰後、公式戦5試合で4得点と完全復活。トーマス・トゥヘル監督が、「我々のサッカーにとって、マーコは非常に重要な選手だ」と語るのも当然だ。

シーズン終盤になってエンジン全開のロイスに加え、ドルトムントにはピエールエメリック・オバメヤンもいる。オバメヤンはシーズンを通して好調を維持。ブンデスリーガ29試合で27得点を記録している。

一方のホッフェンハイムは得点者がドルトムントほど偏っていない。ベテランのサンドロ・ワーグナーが11ゴール、そしてワーグナーとパートナーを組むアンドレイ・クラマリッチが12ゴール8アシストを記録している。

結論:ワーグナーとクラマリッチの2人はコンビとして見応えがあるが、FW陣の爆発力ではドルトムントが上回っている。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA