ドルトムントのUー21メンバーにはA代表経験がある選手も多い - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ドルトムントのUー21メンバーにはA代表経験がある選手も多い - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

Uー21限定!ドルトムントの未来を担うヤングスター11人

ドルトムントは若い才能が次々と台頭するクラブとして有名だ。昨季は2年にわたるホーム無敗記録を打ち立て、ブンデスリーガでは3位の座を確保。さらにドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)を制したが、そのチームの平均年齢は25歳である。

ドミニク・ライマン

ドルトムントの中心選手として活躍するウスマン・デンベレ、クリスティアン・プリシッチ、ユリアン・ワイグルは、まだUー21の大会に出場できる年齢でありながら、3人合わせて6000分近い出場時間を誇った。近年ではヌリ・シャヒン、マリオ・ゲッツェ、マッツ・フメルスなどが若くして主力に定着。ドルトムントの“生産ライン”は才能ある若い選手にとって砂漠のオアシスのような存在である。

トーマス・トゥヘルの後任としてドルトムントにやって来たペーター・ボス監督も若手の起用には積極的だ。彼もまた、Uー21の大会に出場資格がある若い選手たちを起用しながら、アヤックスを欧州リーグ(EL)決勝まで導いている。一つのクラブに才能ある若手プレーヤーがこれほど集まったことがかつてあっただろうか。将来の活躍が期待される11人の選手を紹介する。

生年月日:1997年6月18日(20歳)
国籍:ドイツ
ポジション:GK

ドルトムントのゴールマウスは長らく2人のローマン(ビュルキとバイデンフェラー)が守っているが、いつの日かその体制が崩れる日がやって来るだろう。先月20歳になったばかりのライマンは、短いキャリアの中でその日の到来を待っていると言わんばかりのパフォーマンスを見せてきた。昨季は肩の故障でシーズンの大半を棒に振りながら、Uー19のカテゴリーで9試合に出場。許した失点はわずかに5点だった。

- © imago
- © imago / DeFodi
- © gettyimages / Octavio Passos
- © gettyimages
- © imago
- © imago / DeFodi