Summary

  • ブンデスリーガ第13節2日目、ドルトムント対シャルケのルールダービー開催
  • ドルトムントのボス監督が前日会見に出席

香川真司が所属するドルトムントシャルケによる“ルールダービー”が、11月25日のブンデスリーガ第13節2日目に行われる。宿敵シャルケとの対戦を翌日に控えた24日、ドルトムントのペーター・ボス監督が公式会見に出席した。

※ルールダービー関連ニュースはこちら

【ペーター・ボス監督】

パパ(ソクラティス)、ローマン・ビュルキ、クリスチャン・プリシッチらが試合に出場できるかは、今日の練習を見てから決めます。私の任務は選手たちに再び自信を取り戻させること。それがうまくいくということを、今示さなければなりません。

チームに対して批判があることも分かっています。しかし今はそれを忘れ、ダービーに集中する必要があります。今シーズン序盤、我々は良い試合ができること、素晴らしい戦いができることを見せてきました。とにかく1勝することが重要です。シャルケはここ最近勝利し続けています。それが我々との大きな違いでしょう。しかし我々が持てる力を出し切ることができれば、ダービーで勝利するのは我々です。

今、チームは難しい状況にありますが、雰囲気は良いです。トッテナム戦からも少し前進しています。昨日をオフにしましたが、練習から筋トレ、回復まで、我々には明確なプランがあります。オフを設けるのもトレーニングの1つです。次の試合で100%の力を出すためには休みが必要だと判断してのことです。

アヤックスを指揮していた昨季、欧州リーグ(EL)でシャルケに勝ちましたが、それを再現できれば最高ですね。しかし、明日の試合はまったくの別物です。いずれにしても、ダービーがキックオフされるのを心待ちにしています。きっと特別な試合となるでしょう。