Summary

  • 香川のドルトムント、シュテーガー監督が契約満了
  • 就任後の19試合で9勝4敗6分

香川真司が所属するドルトムントのペーター・シュテーガー監督は5月12日、今季終了と同時に同クラブ指揮官から退くことを明らかにした。

同日開催されたブンデスリーガ最終節、敵地でのホッフェンハイム戦後にシュテーガー監督は「今日が、ドルトムントでの私の最後の公式戦でした。少し前から決まっていたことです。新しい監督、そして新しい刺激が、ドルトムントをさらに良くしてくれると思います」と語った。

同監督はペーター・ボス前監督の後を継いで今季途中に就任。第16節から指揮を執り、9勝4敗6分の成績だった。