現役最後のホームゲームでバツケCEOから花束を贈られるバイデンフェラー - © gettyimages / Koepsel
現役最後のホームゲームでバツケCEOから花束を贈られるバイデンフェラー - © gettyimages / Koepsel
ブンデスリーガ

ドルトムントで歩んだ16年。バイデンフェラーがサポーターに別れ

5月5日に行われたドルトムントの今季ホーム最終戦で偉大なGKがサポーターに別れを告げた。クラブの一員になってから16年。今季限りで現役を退くローマン・バイデンフェラーは、スタンドから沸き起こった大歓声に応え、「サッカー選手なら誰もが夢見るようなこの素晴らしい瞬間を一生忘れることはない」と語った。

16年プレーしたスタジアムに別れ

懸命にゴールを守り、クラブが苦しい時も変わらない忠誠心と誠実さを示してきたバイデンフェラーは、ドルトムントのサポーターにとって英雄そのもの。試合後はゴール裏スタンドのお立ち台に初めて登壇し、サポーターのど真ん中で時間を分かち合った。「これまでフェンスに登ったことはあったけど、台はこれが最初で最後。足元はかなりしっかりしていたけど、たとえ落ちたとしてもサポーターが受け止めてくれたんじゃないかな」

スタンドのお立ち台から下りると、愛息レオナルド君を抱いてピッチを一周。サポーターとの別れを惜しんだが、実はこのお立ち台に上がった選手はバイデンフェラーが初めて。この特別な栄誉が回ってきたのも、彼が残してきた功績があってこそだろう。バイデンフェラーにとってドルトムントでの16年間はクラブがどん底に沈み、再び栄光をつかみ取るまでの紆余曲折の歴史とともにあった。ミヒャエル・ツォルクに次ぐクラブ歴代2位の公式戦452試合でゴールマウスに立ち、長い間クラブと苦楽をともにしてきた。

- © imago / Bielefeld
- © imago / Team 2
- © imago / Team 2