ドルトムントは香川のスルーパスからシュメルツァーがセンタリング。最後はオバメヤンが得点を決め勝利した - © © imago / DeFodi
ドルトムントは香川のスルーパスからシュメルツァーがセンタリング。最後はオバメヤンが得点を決め勝利した - © © imago / DeFodi
ブンデスリーガ

香川が決勝弾演出、17位相手にドルトムント1ー0の辛勝

3月17日、ブンデスリーガ第25節初日が行われ、香川真司が所属するドルトムントは本拠地でインゴルシュタットと対戦し、1ー0で勝利した。フル出場の香川は決勝点の起点となった。

ドルトムント 1ー0 インゴルシュタット

試合が動いたのは14分、インゴルシュタット陣内でボールを受けた香川が左のスペースへスルーパスを送り、シュメルツァーを走らせる。そこからのセンタリングにゴール前のオバメヤンがダイクレトで合わせ、ドルトムントが幸先良く先制点を奪った。

しかしインゴルシュタットも18分、レスカーノが右に開くハデルギョナイへ一度預け、再びリターンパスを受けてゴールを狙うも、ドルトムント守備陣に防がれ左CKを獲得する。

19分、このCKをズットナーが蹴り、後方からレッキーがフリーで飛びこみヘディングで合わせたが、これはGKビュルキが間一髪、左足でファインセーブを見せている。

さらにインゴルシュタットの攻勢は続く。27分、右からのセンタリングにタイミング良くニアサイドへ飛び込んだモラレスが頭で狙ったものの、これもゴールマウスを捉えられなかった。

ドルトムントの決定機は前半終了間際の45分、ソクラティスが高い位置でボールを奪い、左に開くゲレイロへ預けると、そのまま自らペナルティーエリア内へ持ち込みフリーでシュート。しかしこれは枠を越えてしまい、追加点は生まれなかった。

- © imago / DeFodi
- © gettyimages / Lars Baron