Summary

  • ブンデスリーガ第26節3日目、ドルトムント対フランクフルト
  • フランクフルトに2度追いつかれるも、終了間際にバチュアイが決勝弾
  • 香川と鎌田はベンチ外、長谷部はフル出場

ブンデスリーガ第26節3日目が3月11日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは、本拠地で長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトと対戦し、3ー2で勝利した。香川と鎌田はベンチ外、長谷部はフル出場だった。

ドルトムント 3ー2 アイントラハト・フランクフルト

7分、右FKキッカーのシュメルツァーがダフートへ短くつなぎ、再びボールを受けたシュメルツァーが右からセンタリング。ファーサイドへ流れたところをロイスがダイレクトで狙うも、枠を取らえることはできなかった。

続く10分、右からプリシッチが鋭いセンタリングを放り込み、シュアレがスピードに乗って飛び込んだが、このビッグチャンスで放ったヘディングシュートは、ポストをかすめるように外れてしまう。

すると12分、ダフートが中盤で1対1に勝ち、右のプリシッチへスルーパス。そこからの低いクロスにロイスが飛び込んだところ、その手前でルスがスライディングブロックに入り、ボールはそのままネットへ。フランクフルトのオウンゴールによりドルトムントが先制する。

© gettyimages / Lars Baron

48分、左CKがファーサイドまで流れ、ゴールに背を向けながらトラップしたボアテングがヒールシュートを打つが、ビュルキが横っ飛びでこれをセーブする。

さらに57分、右のウォルフがドリブルで中央に切り込み、やや左まで進んだところでチャンドラーへパス。ペナルティーエリア外からチャンドラーは右足を振り抜くも、ボールはクロスバーの上を越えていった。

さらに59分、オーバーラップしたルスからウォルフを経由し、ペナルティーエリア右へ抜け出したダコスタがマイナス方向へグラウンダーセンタリング。後方から入ってきたボアテングがダイレクトで合わせるも、ドルトムント守備のブロックに遭いCKを獲得するにとどまった。

© imago / Jan Huebner

そして75分、右サイドでFKを獲得すると、デグズマンがゴール前へ放り込んだボールにヨビッチが頭で同点弾。フランクフルトが試合を振り出しに戻す。

ここまで劣勢を強いられていたドルトムントだが、同点にされてからわずか2分後、プリシッチとのパス交換の後、バチュアイがゴール左下にシュートを突き刺し、すぐさまドルトムントが勝ち越しに成功する。

しかしロスタイム1分、ダコスタが右サイドを単独突破。ゴール前に送ったグラウンダーセンタリングにブルームが左足でゴールを決め、土壇場でフランクフルトが同点に追いつく。

© gettyimages / Lars Baron

ところが試合の行方はまだ決まらない。ロスタイムも残り30秒となった場面で、ピシュチェクがペナルティーエリア内に柔らかいパスを送ると、バチュアイがワントラップから左足ボレーを突き刺し、ドルトムントが三度勝ち越し。

そしてこのまま試合は終了し、ドルトムントが3試合ぶりの白星を獲得。一方のフランクフルトは4位から5位へ順位を1つ下げている。

© imago / Jan Huebner

【得点】

ドルトムント:オウンゴール(12分)、バチュアイ(77分、90+4分)
アイントラハト・フランクフルト:ヨビッチ(75分)、ブルーム(90+1分)

【ラインナップ】

ドルトムント(4ー2ー3ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、アカンジ、トプラク、シュメルツァー;ダフート(46分 ワイグル)、カストロ;プリシッチ、ロイス(87分 ソクラティス)、フィリップ(62分 バチュアイ);シュアレ

アイントラハト・フランクフルト(3ー5ー2)
フラデツキー;ルス、アブラハム、サルセド(79分 ブルーム);ダコスタ、ウォルフ、長谷部、ボアテング、チャンドラー;ハラー(67分 ヨビッチ)、レビッチ(46分 デグズマン)