ドルトムントは途中出場バチュアイが2ゴールの活躍。3試合ぶりの白星を獲得した - © imago
ドルトムントは途中出場バチュアイが2ゴールの活躍。3試合ぶりの白星を獲得した - © imago
ブンデスリーガ

ドルトムントが劇的ロスタイム弾で勝利

ブンデスリーガ第26節3日目が3月11日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは、本拠地で長谷部誠と鎌田大地のアイントラハト・フランクフルトと対戦し、3ー2で勝利した。香川と鎌田はベンチ外、長谷部はフル出場だった。 ドルトムント 3ー2 アイントラハト・フランクフルト

7分、右FKキッカーのシュメルツァーがダフートへ短くつなぎ、再びボールを受けたシュメルツァーが右からセンタリング。ファーサイドへ流れたところをロイスがダイレクトで狙うも、枠を取らえることはできなかった。

続く10分、右からプリシッチが鋭いセンタリングを放り込み、シュアレがスピードに乗って飛び込んだが、このビッグチャンスで放ったヘディングシュートは、ポストをかすめるように外れてしまう。

すると12分、ダフートが中盤で1対1に勝ち、右のプリシッチへスルーパス。そこからの低いクロスにロイスが飛び込んだところ、その手前でルスがスライディングブロックに入り、ボールはそのままネットへ。フランクフルトのオウンゴールによりドルトムントが先制する。

- © gettyimages / Lars Baron
- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / Lars Baron
- © imago / Jan Huebner