Summary

  • ドルトムントがチェルシーからFWバチュアイ獲得
  • 今季終了までの期限付き移籍
  • ベルギー代表の24歳FW

香川真司が所属するドルトムントは1月31日、チェルシー(イングランド)からベルギー代表のFWミシー・バチュアイ(24)を今季終了までの期限付きで獲得したことを発表した。背番号は「44」に決定している。

ベルギー出身のバチュアイは2011年に17歳でスタンダール・リエージュでプロデビューを飾った。2014/15シーズンから2シーズンはフランスのマルセイユでゴールを量産し、2016年にチェルシーに加入した。

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSDは、「ミシーは若く、非常に面白いストライカーで、チェルシーやマルセイユ、ベルギーリーグ、ベルギー代表として高い得点率を示している」と同日に退団が決定したピエールエメリック・オバメヤンの後釜として期待している。

バチュアイは2015年3月にはベルギー代表で初出場を果たし、今夏に開催されるFIFAワールドカップのメンバー入りを狙っている。「自分の大きな夢をかなえるために、できるだけ多くの試合に出場し、多くのゴールを挙げたい」とドルトムントでの意気込みを語った。