Summary

  • ブンデスリーガ第12節初日、シュトゥットガルト対ドルトムント
  • シュトゥットガルトが5分と51分にゴール、2ー1でドルトムントを下す
  • 浅野は前半ロスタイムから途中出場、香川は先発から63分までプレー

ブンデスリーガ第12節初日が11月17日に行われ、浅野拓磨が所属するシュトゥットガルトは、香川真司のドルトムントと本拠地で対戦し、2ー1で勝利した。浅野は前半ロスタイム1分から途中出場、先発の香川は63分にベンチへ下がっている。

シュトゥットガルト 2ー1 ドルトムント

リーグ戦4試合連続で勝ち星から見放されているドルトムントが、開始直後の5分にいきなりビハインドを背負う。裏へ出されたボールにバルトラが追いついたものの、サポートのため近付いてくるGKビュルキに対し、バルトラは至近距離から強めのバックパス。これをビュルキが処理できず、こぼれ球を拾ったアコロに無人のゴールへ流し込まれてしまう。

しかしドルトムントも28分のゲッツェのシュートを皮切りに、猛攻を仕掛け始める。31分、右を突破したトーリヤンが、中央で並走する香川にグラウンダーセンタリングを入れるも、ボランチのアスカシバルが懸命に戻り、これをスライディングでクリア。

さらにその3分後にも、中央の香川から右のヤルモレンコ、そしてトーリヤンとボールが渡り、再び受けたヤルモレンコが中央へ折り返すと、ゲッツェが右足を振り抜く。しかしこれも、元ドイツ代表GKツィーラーが右腕パンチングでセーブした。

© imago / Eibner

そして前半終了間際のロスタイム2分、トーリヤンがスルーパスを送り、ゲッツェがペナルティーエリア右の角からクロスを入れると、ボールはパバールの右腕にヒット。このプレーで獲得したPKを同3分にシュアレが蹴り、一度はツィーラーに阻まれるも、こぼれ球をフィリップが決め、ドルトムントがようやく同点に追いつく。

ドルトムントにとってはハーフタイムに入る直前の良い時間帯にゴールを決めたはずだったが、またしても立ち上がりの時間帯に失点を喫してしまう。後半開始から6分後、中盤でバルトラがボールを失うと、エツチャンが右のスペースへ大きく展開。走り込んだブレカロがゴール前まで運び、フェイントでザガドゥをかわした後、ビュルキの股下を通すシュートを決め、シュトゥットガルトが再び勝ち越し点を奪う。

© imago / Sportfoto Rudel

52分、ドルトムントにも惜しいシーンが訪れる。右サイドの高い位置でキープしたヤルモレンコが、ファーサイドへセンタリング。フリーで走り込んだ香川も必死に足を伸ばしたものの、ボールはわずかに長く、決定的なシュートを放つことはできなかった。

すると今度はシュトゥットガルトにビッグチャンス。71分、浅野がスピードを生かして右サイドを抜け出すと、プレスに来たワイグルもかわして、柔らかいボールをゴール前へ送る。そしてフリーで待つエツチャンがダイレクトボレーでゴールを脅かしたが、これはクロスバーをかすめるように外れてしまった。

このままシュトゥットガルトが逃げ切りに成功し、今季5勝目。一方のドルトムントはここにきて痛恨のリーグ戦3連敗となっている。

© gettyimages / Matthias Hangst

【得点】

シュトゥットガルト:アコロ(5分)、ブレカロ(51分)
ドルトムント:フィリップ(45+3分)

【ラインナップ】

シュトゥットガルト(3ー4ー2ー1)
ツィーラー;パバール、バートシュトゥーバー、バウムガートル;ベック、アスカシバル、ゲントナー、インスア;アコロ(46分 ブレカロ)、エツチャン(85分 アオゴ);ギンツェック(45+1分 浅野)

ドルトムント(4ー3ー3)
ビュルキ;トーリヤン、ソクラティス(46分 ザガドゥ)、バルトラ、シュメルツァー;ゲッツェ、ワイグル、香川(63分 ダフート);ヤルモレンコ、シュアレ(83分 ゲレイロ)、フィリップ