フル出場の香川はクロスバー直撃の惜しいシュートを放つなど奮闘。しかしチームは1ー1の引き分けに終わっている - © © gettyimages / KHALED DESOUKI
フル出場の香川はクロスバー直撃の惜しいシュートを放つなど奮闘。しかしチームは1ー1の引き分けに終わっている - © © gettyimages / KHALED DESOUKI

ドルトムント、格下にまさかの1ー1ドロー

欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節が10月17日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でアポエル(キプロス)と対戦し、1ー1で引き分けた。香川はフル出場している。 アポエル 1ー1 ドルトムント

序盤からボールを支配するのは格上のドルトムント。まずは4分、香川のスルーパスで抜け出したヤルモレンコが右からシュートを放つも、クロスバーの上へ外れる。

さらに11分、バイタルエリアでダイレクトをおりまぜる細かいパス交換の後、左のスペースへ展開。そこからプリシッチが放り込んだセンタリングを、ゴール前に走り込んだ香川が頭で合わせたが、枠を捉えることはできなかった。

その2分後、ヤルモレンコのパスを香川が受けると、DFが寄せてこないのを見て果敢に右足を振り抜いた。しかしこれもミスキックとなってしまい、ボールははるか上へ外れている。

41分、シュメルツァーのセンタリングがゴール前に入った際に、オバメヤンとアポエルDF2人、そしてGKが空中で交錯。腕から地面に落下したウォーターマンがこのプレーで負傷し、アポエルは30分のデカマルゴに続いて、前半だけで2人を交代する不運に見舞われた。

- © gettyimages
- © gettyimages / FLORIAN CHOBLET