今季初めて先発出場を果たしたドルトムントの香川 - © imago / foto2press
今季初めて先発出場を果たしたドルトムントの香川 - © imago / foto2press
ブンデスリーガ

ドルトムントが数的劣勢の中で同点弾を決め、ホッフェンハイムとドロー

ブンデスリーガ第4節2日目が9月22日に行われ、香川真司が所属するドルトムントが敵地でホッフェンハイムと対戦し、1ー1で引き分けた。香川は今季初の先発出場を果たした。 ホッフェンハイム 1ー1 ドルトムント

試合開始直後は、ドルトムントが早いテンポで攻撃を仕掛け、ロイスやヴォルフ、プリシッチがゴールを狙った。しかし、最初の決定的なゴールチャンスはホームのホッフェンハイムに生まれ、18分にシュルツからのセンタリングにビッテンコートが合わせる。GKビュルキのセーブに救われる形で、ドルトムントは危機を脱した。

ホームの利を得ているホッフェンハイム優位の試合展開の中、44分にはついにジョエリントンが先制ゴールを決め、そのまま前半終了。

- © gettyimages / Grimm
- © imago / Nordphoto
- © gettyimages / Roland