Summary

  • 香川のドルトムント、アウクスブルクからヒッツを獲得
  • ブンデスリーガ150試合以上に出場のベテランGK
  • 契約は2021年まで

香川真司が所属するドルトムントは5月19日、アウクスブルクからマービン・ヒッツを獲得したことを発表した。契約は2021年まで。

ヒッツはドルトムント公式ツイッターを通じ「アウクスブルクでは非常に価値のある5年間を過ごすことができましたが、今一度、別のことを経験してみたいという気持ちが沸いてきました。ドルトムントのようなビッグクラブでの挑戦を楽しみにしていますし、特に欧州チャンピオンズリーグ(CL)を心待ちにしています」とコメントした。

2008年にU21ザンクト・ガレン(スイス)からウォルフスブルクへ初の国外移籍を果たしたヒッツは、同クラブとアウクスブルクでブンデスリーガ154試合に出場。スイス代表では2キャップを記録している。