Summary

  • ロシアW杯欧州予選、アゼルバイジャン対ドイツ
  • ドイツが前半のうちに3ゴールを奪い、4ー1で勝利

3月26日、ロシア・ワールドカップ欧州地区予選が開催され、ドイツ代表は敵地でアゼルバイジャン代表と対戦し、4ー1で勝利した。

アゼルバイジャン 1ー4 ドイツ

立ち上がりからドイツが7割のポゼッション率を記録し続け、アゼルバイジャンにとってはホームでの一戦にもかかわらず、ほぼ自陣に張りついての試合となる。

スコアが動いたのは19分、後方のフメルスから縦パスをつないでトップ下のドラクスラーが受けると、左に開くヘクターへ展開。プレスに来たDFの股下を通すグラウンダーセンタリングを、ゴール前に走り込んだシュアレがうまく流しこみ、ドイツが先制点を奪った。

しかし31分、ビルドアップミスからボールを失うと、イスマイロフに運ばれ、センタリングを決めたのはナザロフ。集中を欠いたプレーから失点を喫してしまった。

だがこれで目が覚めたのだろう。36分、左サイド高い位置でシュアレが敵からボールを奪い、最終ラインの裏へスルーパス。抜け出したミュラーがワントラップでGKもかわし、最後は無人のゴールに押し込んで、ドイツが再びリードを奪う。

さらに前半終了間際の45分、右サイドを駆け上がったキミッヒのセンタリングを、ゴメスがヘディング一閃。良い時間帯に追加点を決め、3ー1となったところでハーフタイムへ突入している。

© gettyimages / Alexander Hassenstein

後半のペースもやはりドイツが握り、81分にはクロースが左サイド前線へボールを送ると、ヘクターがマイナスへ折り返したところをシュアレが豪快なシュート。これが決まって、ドイツのリードは3点に広がった。

そしてこのまま試合は4ー1で終了。ドイツは今予選初めてとなる失点を記録したものの、ここまで予選は5戦5勝で、グループ首位を快走している。


【得点】

アゼルバイジャン:ナザロフ(31分)
ドイツ:シュアレ(19分、81分)、ミュラー(36分)、ゴメス(45分)

【ラインナップ】

アゼルバイジャン(4ー1ー4ー1)
アガイェフ;ミルザベコフ、B・ヒュセイノフ、サディゴフ、パシャイェフ;カライェフ;イスマイロフ、アミルグリイェフ(87分 エディー)、C・ヒュセイノフ、ナザロフ;シェイダエフ(67分 イルマス)

ドイツ(4ー2ー3ー1)
レノ;キミッヒ、ヘーベデス、フメルス、ヘクター;クロース(89分 ルディ)、ケディラ;ミュラー、ドラクスラー(84分 サネ)、シュアレ;ゴメス(61分 エジル)