ブンデスリーガで活躍した選手も多数在籍するチリ代表対ドイツ代表は1ー1のドローで試合を終えた - © imago
ブンデスリーガで活躍した選手も多数在籍するチリ代表対ドイツ代表は1ー1のドローで試合を終えた - © imago

ドイツ、チリとドローでGL2位キープ

FIFAコンフェデレーションズカップ2017、Bグループの第2戦が6月22日に行われ、ドイツ代表はチリ代表と対戦し、1ー1で引き分けた。 ドイツ代表 1ー1 チリ代表

GL初戦とは違い、試合巧者のチリ相手になかなかゲームを組み立てられないドイツ。するとキックオフから6分後、ミスから失点を喫してしまう。テアシュテーゲンのパスを受けたムスタフィが縦パスを入れるが、高い位置で奪われ、ビダルとのワンツーでペナルティーエリア左に抜け出したサンチェスが、トゥーキックでニアサイドにゴール。チリが効率良く先制点を奪った。

その後もチリは11分、右CKからアランギスがヘディングで合わせ、13分には右から放り込んだセンタリングを跳ね返されるも、M.ディアスがミドルシュート。どちらもドイツゴールのネットを揺らすことはできなかったが、南米王者が試合を優位に進める。

20分、チリが再び魅せた。元ホッフェンハイムのバルガスが遠めの位置から豪快に右足を振り抜くと、鋭い弾道のボールはクロスバーを直撃。ドイツにとっては劣勢に立たされる時間が続く。

しかし前半終了間際の41分、バイタルエリアでフリーとなったチャンが左前方にスルーパスを送り、ヘクターがグラウンダーのセンタリングを入れると、ゴール前に飛び込んだシュティンドルが右足で合わせ、試合は1ー1の振り出しに戻った。

- © gettyimages / Francois Nel