Summary

  • シュトゥットガルトのDFパバールがW杯優勝メンバーに
  • シュトゥットガルトでは史上3人目の快挙
  • 挫折スタートからフランス代表のレギュラーに成長

シュトゥットガルトのフランス代表DFベンジャミン・パバールは、ロシア・ワールドカップでクロアチアとの決勝戦を含む6試合に出場し、フランスの5大会ぶり2度目のW杯制覇に大きく貢献した。ブンデスリーガでのプレーを経て世界王者へと上り詰めた22歳のこれまでを振り返る。

ドイツでの挫折が飛躍のきっかけに

パバールは2016年8月30日にシュトゥットガルトへ加入。当時クラブのスポーツ担当取締役を務めていたヤン・シンデルマイザー氏は、入団会見の席で「彼が大きく成長してくれることを確信している」と話した。それからわずか2年でW杯王者フランスに欠かせない選手へと成長。シュトゥットガルト加入時にスタートでつまずいたことを思えば、これほどの飛躍は誰にも予想できなかっただろう。

2015/16シーズンに母国の強豪リールで頭角を現したパバールは、2部降格が決まったばかりのドイツの古豪に移籍。しかし、新たなチームに慣れるまでに時間がかかり、最初の数カ月は「起用にリスクが伴う選手」という評価だった。第9節のディナモ・ドレスデン戦ではミスを連発してチームも0-5の惨敗。当時の指揮官だったハネス・ウォルフ監督は「彼には成長するための静かな環境が必要だ」と話し、その後数試合はパバールをベンチに置いた。

ただ、このドレスデン戦こそがパバールが飛躍するきっかけだったのかもしれない。その後、ウォルフ監督によって右サイドバックで起用されるようになると、目に見えてパフォーマンスが向上。右サイドバックは今回のW杯でも主戦場となったポジションだ。

ブンデスリーガ昇格を果たした昨季は全試合にフル出場。軽率なプレーがなくなり、センターバックやアンカーもこなすパバールに対し、昨季途中に就任したタイフン・コルクト監督は全幅の信頼を寄せた。

© imago

ブンデスリーガ出場わずか11試合で代表へ

フランス代表のディディエ・デシャン監督はドイツで奮闘するパバールを2017年11月に初招集。当時、ブンデスリーガで11試合しか経験していなかった若者の選出は“サプライズ”と捉えられた。

しかし、U19、U21代表でも守備のオールラウンダーとして活躍してきたパバールの実力は、フランスサッカー連盟の誰もが知るところだった。デシャン監督はラファエル・バラン(レアル・マドリード)やサムエル・ウムティティ(バルセロナ)といった実力者が並ぶ最終ラインの一角にパバールを起用。「まだ若いが、彼には落ち着きと貫録がある」とそのプレーぶりを称えた。

クラブ史上3人目のW杯チャンピオン誕生

W杯では安定した守備に加え、アルゼンチンとの決勝トーナメント1回戦では大会ベストゴールに選出される豪快な同点弾を決めた。これまでシュトゥットガルトではギド・ブッフバルト(西ドイツ代表/1990年イタリア大会)とドゥンガ(ブラジル代表/1994年アメリカ大会)の2人がW杯優勝を経験していたが、パバールは22歳にして偉大な先輩たちに続くことになった。

© imago / Sven Simon