バイエルンのミュラーは「ラウムドイター」の役割を担っている - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
バイエルンのミュラーは「ラウムドイター」の役割を担っている - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ミュラーは「ラウムドイター」? ドイツ語サッカー用語集

「10と6と8を組み合わせてみたらどうだろうか…?」。算数の話のように聞こえるが、これらの数字はブンデスリーガにおけるチーム戦術を語るための基本的な言葉だ。ドイツ人のように戦術について議論するために、聞き慣れないドイツ語のサッカー用語をご紹介する。

リベロ(Libero)

「リベロ」という単語が守備大国のイタリアで生まれたことに驚きはないが、この役割を最も象徴していた選手はドイツ人のフランツ・ベッケンバウアーだろう。リベロのポジションでは思考力と知性が要求されるが、“皇帝”と呼ばれたベッケンバウアーはセンターバックとGKの間にポジションを取り、相手の攻撃の芽を摘んでは前線に正確なパスを送った。ベッケンバウアーの後はキャリア晩年のローター・マテウスも同じ役割を担ったが、現代サッカーにおいてリベロを置くチームはなく、代わりにGKが「スイーパー・キーパー」として活躍している。

ブンデスリーガの代表的選手:フランツ・ベッケンバウアー
同義語:スイーパー

- © imago / WEREK
- © imago
- © gettyimages
- © gettyimages / TF-Images
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © gettyimages / Michael Kienzler/Bongarts