Summary

  • 国際親善試合、イングランド対ドイツ
  • 両チームとも得点を奪えずスコアレスドロー

国際親善試合が11月10日に行われ、ドイツ代表は敵地でイングランド代表と対戦し、0ー0で引き分けた。

イングランド代表 0ー0 ドイツ代表

最初に決定機を作り出したのは2分のイングランドだった。左サイドを抜け出したバーディがグラウンダーのセンタリングを入れると、中央に走り込むアブラハムの足にはわずかに届かない。そしてファーサイドのトリッピアーが無人のゴールめがけて右足を合わせたが、ボールは右サイドネットの外側に当たってしまう。

ドイツも8分、ハルステンベアクからの横パスを受けたサネが、ジョーンズをかわしシュート。しかしこれも、ニアサイドのネット外側にヒットする。

20分には再びサネが魅せる。右からのパスを受けると、やや距離がある場所から豪快なミドルシュートを放つも、ボールはクロスバーを直撃。

さらにその3分後、ギュンドアンからエジルを経由し縦パスが出ると、ウェアナーがGKと1対1のシーンを迎える。しかし狙いすましたシュートはGKにセーブされ、こぼれ球を拾ったサネの試みは、ジョーンズにヘディングでブロックされる。さらにその跳ね返りをドラクスラーが受け至近距離から狙ったものの、枠の上へ大きく外れてしまった。

後半に入るとイングランドがやや優位に立つ。まずは49分、右サイドを駆け上がったトリッピアーのクロスに、ゴール前でフリーのバーディがヘディングシュート。しかしこの決定機は、ドイツ守護神テアシュテーゲンが右腕1本でブロックした。

59分にも、右からのボールを受けたロフタスチークが、ペナルティーエリア右にふわりとした柔らかいパスを送り、抜け出したダイアーがグラウンダーセンタリング。ゴール前にはアブラハムが入っていたが、その手前でフメルスが足を伸ばしボールをクリアしている。

なかなか決定機を作れないドイツは78分、交代で入ったチャンがバイタルエリア正面から強引に左足を振り抜くも、ボールにミートさせることができず、イングランドゴールを脅かすことはできない。

終盤になると試合のテンポも落ち、両チームとも最後まで得点を奪えず、スコアレスドローで終了となった。

【得点】

イングランド代表:なし
ドイツ代表:なし

【ラインナップ】

イングランド代表(3ー4ー3)
ピックフォード;ストーンズ、ジョーンズ(25分 ゴメス)、マグワイア;トリッピアー(72分 ウォーカー)、ダイアー、リバモア(86分 コーク)、ローズ(71分 バートランド);ロフタスチーク、バーディ(86分 リンガード)、アブラハム(60分 ラッシュフォード)

ドイツ代表(3ー4ー3)
テアシュテーゲン;ギンター、フメルス、リューディガー;キミッヒ、ギュンドアン(86分 ルディ)、エジル、ハルステンベアク;ドラクスラー(67分 チャン)、ウェアナー(73分 ワーグナー)、サネ(87分 ブラント)