ドイツ代表レーフ監督はロシアW杯グループステージ抽選会に出席した - © © gettyimages
ドイツ代表レーフ監督はロシアW杯グループステージ抽選会に出席した - © © gettyimages

レーフ監督「非常に興味深い相手」

2018年夏に開催されるロシア・ワールドカップのグループステージ組み合わせ抽選会が12月1日に行われ、ドイツ代表はメキシコ代表、スウェーデン代表、韓国代表が同居するグループFに入った。抽選後のドイツ代表関係者のコメントは以下の通りとなっている。 ※すべての抽選結果はこちら

ヨアヒム・レーフ監督 非常に興味深い相手と一緒になりました。グループでの戦いを通じ、タイトル防衛のための基盤を築いていきたいですね。それが我々の目標です。

ラインハート・グリンデルDFB会長 とても面白いグループに入りましたね。ドイツにとっては刺激的な任務となるでしょう。今この瞬間から、レーフ監督たちはグループ3試合のための準備を始めていきます。

マヌエル・ノイアー グループの相手は“未知の敵”というわけではありませんし、3大陸の国からなる非常に面白いグループですね。メキシコはアグレッシブなサッカーをし、スウェーデンはイタリアを破って出場したチームです。韓国も力強いチームで知られています。しかし我々の目標ははっきりしており、グループ首位通過を目指しています。