レーブ監督率いるドイツ代表はグループF第2戦でスウェーデンと対戦する - © gettyimages / Alexander Hassenstein
レーブ監督率いるドイツ代表はグループF第2戦でスウェーデンと対戦する - © gettyimages / Alexander Hassenstein

ドイツ代表レーブ監督「良い反応が起こる」

ドイツ代表は6月22日、翌日に行われるFIFAワールドカップ・ロシア大会グループF第2戦、スウェーデン戦に向けた公式会見を行い、ヨアヒム・レーブ監督とマリオ・ゴメスが出席した。両者のコメントは以下の通り。

【ヨアヒム・レーブ監督】

マッツ・フメルスはかなり高い確率で出場できないでしょう。昨日のトレーニングで頸椎を痛めたからです。しかしその他の選手は良いコンディションを保っています。メキシコ戦の黒星は苦い出来事でしたが、我々はそこで犯したミスにしっかりと取り組みました。ドイツ代表の長所をピッチ上で出すことができれば、チームにとって良い反応が起こると思います。

我々が対戦する相手は多くの場合守備的な戦い方をしてきます。メキシコ戦ではスペースの使い方が非常に悪く、あの試合のようなプレーをしてしまえば、うまくはいきません。しかしメキシコ戦で負けを喫したことで、我々のアイディアすべてが悪かったということにはなりません。どこにミスがあったのかを探り出し、そして修正するだけです。

4年前のW杯王者であり、FIFAコンフェデレーションズカップも制した我々に対しては、どのチームも高いモチベーションを持ち、そして勝利を目指して戦ってきます。そのような状況は決して簡単なものではありません。しかし我々はそれを跳ね返さなければなりません。

- © gettyimages / Alexander Hassenstein