ドイツ代表のGK枠はノイアーとテアシュテーゲンがほぼ当確。しかし、第3GKはいまだ流動的だ - © imago / MIS
ドイツ代表のGK枠はノイアーとテアシュテーゲンがほぼ当確。しかし、第3GKはいまだ流動的だ - © imago / MIS
ブンデスリーガ

ドイツ代表の第3GKは誰だ?

いよいよロシア・ワールドカップまでのカウントダウンが始まった。ドイツ代表は大会連覇を狙うが、時間の経過とともに大会のメンバー入りを巡る争いも熾烈さを極めていく。ヨアヒム・レーフ監督がロシアに連れていけるのは23人、そのうちGKの枠は「3」となる。バイエルン・ミュンヘンのマヌエル・ノイアーとバルセロナのマークアンドレ・テアシュテーゲンに当確ランプが付く中、残る1枠の座を手にするのはどの選手なのだろうか。残り1枠を狙う5人の候補を紹介する。

ベアント・レノ(レーバークーゼン)

年齢:25歳
ブンデスリーガ通算出場数:218
無失点試合数:69

現段階で第3GKに最も近いのは25歳のレノだろう。2012年にシュトゥットガルトからレーバークーゼンに加入して以来、ブンレスリーガ218試合に出場して69回のクリーンシートを記録。レーバークーゼンでは正GKとして6シーズン目に突入し、ラース・ベンダーが欠場した試合ではキャプテンも務めている。

2014/15シーズンには527分間無失点というクラブの最長記録を更新。また、PKセーブ率が高いことでも知られ、これまで38本中9本のPKをストップしている。これはブンデスリーガではナンバーワンのセーブ率だ。代表では2017年のコンフェデレーションズカップのメンバーにも名を連ね、3ー2で勝利したオーストラリア戦に出場。ヨハヒム・レーフ監督は「レノはいいGKで練習でも素晴らしい。だが2失点目はセーブできたはずだ」とエールを送っている。

足元の技術に優れ、同年代のライバルと比べてもロングパスの精度は一級品。今季はレーバークーゼンもハイコ・ヘアリッヒ監督の下で確実に順位を上げている。チームが欧州チャンピオンズリーグの出場権を得るような成績を残せれば、レノのロシア行きの可能性もグッと高まるはずだ。

- © imago


ドイツで優秀なGKが育つのはなぜ?
ケルン田口哲雄GKコーチのインタビューはこちらから

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © gettyimages / TF-Images
- © gettyimages
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann