ドイツは立ち上がりの4分にウェアナーのゴールで先制。敵地でチェコを破り予選7連勝を飾った - © imago
ドイツは立ち上がりの4分にウェアナーのゴールで先制。敵地でチェコを破り予選7連勝を飾った - © imago
ブンデスリーガ

ドイツがチェコに2ー1白星、W杯予選無傷の7連勝

ロシア・ワールドカップの欧州地区予選が9月1日に行われ、ドイツ代表は敵地でチェコ代表と対戦し、2ー1で勝利した。ドイツは予選無傷の7連勝となったが、C組2位北アイルランド代表もサンマリノ代表に勝利したため、両者の勝ち点差は5のままとなっている。 チェコ 1ー2 ドイツ

現在C組3位でプレーオフに望みをつなぎたいチェコだが、先制点を奪ったのはグループ首位を快走するドイツだった。開始直後の4分、ブレーメンに所属するゲーブレセーラシのパスを、フメルスがインターセプト。ボールはエジルを経由してウェアナーに渡り、GKと1対1の場面で冷静にネットへ沈めた。

ポゼッションではドイツが優位に立つものの、チェコは鋭いカウンター攻撃に活路を見出し、決定機を作り出す。まずは12分、中央のダリダからボールを受けたコピツが、ペナルティーエリア右で中に切り返し、左足を振り抜く。だが、前線から戻ってきたシュティンドルがこれを間一髪ブロックし、ドイツは事なきをえた。

その4分後には、左サイドのボジルがドリブルで単独突破を図りミドルシュート。しかしこれもドイツ守護神テアシュテーゲンが横っ飛びで弾き、ゴールを割らせない。

前半終了間際の45分、バイタルエリア中央のダリダがスルーパスを送り、ペナルティーエリア右のスペースにゲーブレセーラシが飛び出すも、ボールの芯を捉えられないという痛恨のミス。チェコは同点に追いつく絶好機を逃してしまった。

- © imago