史上最年少でブンデスリーガ50試合出場を達成したレーバークーゼンのハフェルツ - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
史上最年少でブンデスリーガ50試合出場を達成したレーバークーゼンのハフェルツ - © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

ドイツが誇る新たなトップタレント

レーバークーゼンのカイ・ハフェルツが4月14日に行われた第30節のアイントラハト・フランクフルト戦でブンデスリーガ50試合出場を達成した。18歳と307日での50試合到達はティモ・ウェアナー(ライプツィヒ)が持っていた18歳351日の記録を更新する史上最年少記録だった。

エジルのテクニックを備えた“バラック2世”?

ハフェルツは自身にとって節目となる一戦で先制点と勝ち越し点をアシスト。欧州カップ戦の出場権を争うライバルとの直接対決で4ー1の勝利に大きく貢献した。先制点を決めたユリアン・ブラントは、自身のゴールをお膳立てしたハフェルツについて「動きと技術、そして考え方も素晴らしいものを持っている。世界的なスター選手になるための素質がある」と褒めちぎる。

18歳ながらピッチでの振る舞いにはすでに200試合に出場しているかのような貫録が漂う。そんな彼の天性のテクニックをルディ・フェラーSDは「メスト・エジル(アーセナル)のようにボールを扱うことができる。いとも簡単に操っているように見える」と絶賛する。エジルを憧れの選手として挙げるハフェルツにとってはこれ以上ない褒め言葉だろう。また、そのプレースタイルから、かつてドイツ代表の主将を務めたミヒャエル・バラックによく似ているという声も多い。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA