加入1年目から大活躍を見せたデンベレは2017/18シーズンの開幕を心待ちにしている - © © imago
加入1年目から大活躍を見せたデンベレは2017/18シーズンの開幕を心待ちにしている - © © imago
ブンデスリーガ

優勝トロフィーを熱望するデンベレ

昨夏にフランスのレンヌからドルトムントに加入したウスマン・デンベレは、ブンデスリーガ初挑戦にもかかわらず1年目から驚異的な活躍を披露した。そしてドイツでの2年目となる今季は、さらに多くの優勝トロフィーを掲げたいと思っている。

デンベレが持つ爆発的なスピード、トリッキーなプレー、相手のマーカーを完璧に外す能力は、世界中の人々を大いに驚かせた。昨季はブンデスリーガで6ゴール12アシストを記録し、ピエールエメリック・オバメヤンの得点王獲得を援護。アイントラハト・フランクフルトとのドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)決勝では、先制ゴールを挙げてチームの優勝に貢献した。

当然のように、デンベレにはヨーロッパ中のビッグクラブから関心が寄せられたが、本人は現状に満足していることを強調。「いろいろな憶測があるけれど、そういうことには全く関心がない。僕はドルトムントにいられてハッピーだ。レンヌからここに来る時、熟考してドルトムントを選んだんだからね」

- © gettyimages / Etsuo Hara