ボルシアMGの中心選手として年々存在感が増しているトルガン・アザール - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ボルシアMGの中心選手として年々存在感が増しているトルガン・アザール - © © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
ブンデスリーガ

トルガン・アザールについて知っておくべき10項目

メンヘングラートバッハ(ボルシアMG)に加入して4年目、ブンデスリーガで目覚ましい活躍を見せてきたトルガン・アザールは、今やベルギー代表で先発出場を飾るまでに成長した。これまで有名な兄エデンの陰に隠れてきた弟は果たしてどんなプレーヤーなのか。トルガン・アザールについて知っておくべき10項目を紹介する。

1)トルガンという名前の由来は…

世界的に有名な兄がいる場合、自分の力で名を上げるのは簡単なことではない。しかしトルガンの場合、少なくとも「風変わりな名前」と主張することができる。トルガン(Thorgan)という名前は、1970年代後半にベルギーの『タンタン・マガジン』で掲載されていた漫画『トルガル(Thorgal)』からきているという。物語は、別の惑星で生まれた主人公の宇宙船が地球に衝突し、地球でバイキングに育てられるというファンタジー。アザール家の子供たちの類いまれな才能はこれで説明がつくかもしれない。

2)家族

トルガンは兄エデンを含む4兄弟で両親もサッカー選手だった。父のティエリはラ・ルヴィエールというセミプロチームでMFとして活躍。エデンとトルガンはそのラ・ルヴィエールで生まれている。母のカリーヌもプロサッカー選手として6年間プレー。母親にとってもサッカーは身近なもので、「子供の頃、父に連れられて試合を観に行っていた。それから自分でもプレーするようになった」という。その後、体育教師となった両親は、「週末に子供たちの試合を観に行くのが楽しみ」と語っている。

3)サッカー・ママ

息子たちがプロサッカー選手を目指すようになったのは、母カリーヌの影響が大きかった。決して無理強いはしなかったが、父ティエリは「カリーヌが一番熱心で献身的だった」と明かしている。両親はエデンとトルガンの試合を観戦するために長距離ドライブを続けた。フランスとの国境から50キロの位置にある自宅から南に下り、ランスのユースに所属していたトルガンを見に行き、その後でエデンがプレーしていたリールへ向かった。両親はその道のりを“スタジアム通り”と名付けていたという。

4)分かれた兄弟の道

エデンがプレーしていたリールはトルガンの獲得を望んでいたそうだが、兄弟が同じチームに所属するのは、トルガンがチェルシーに加入する2012年まで待たなければならなかった。トルガンはユース時代をランスで過ごしたが、これについて本人は「僕がエデンと比較されるのを避けるため、両親は同じクラブに入れないほうがいいと思ったみたいだ」と振り返る。なお、ランスのUー16チームでは、現レアル・マドリードのラファエル・バランや現バレンシアのジョフレイ・コンドグビアと一緒にプレーし、2008/09シーズンに国内王者になっている。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Lukas Schulze
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA
- © imago