Summary

  • バイエルンとブンデスリーガに順応したトリッソ
  • バイエルンの恵まれた環境を絶賛
  • 前半戦の目標は“ヘルプストマイスター”

今夏にバイエルン・ミュンヘンに加入したコランタン・トリッソはすぐにブンデスリーガに順応して持ち前の競り合いの強さと得点力を発揮している。フランス代表にも名を連ねる23歳の新鋭がインタビューに応じ、バイエルンやブンデスリーガの印象、優勝争いについて語った。

――1カ月前はドルトムントとの勝ち点差は5ポイントありましたが、それを逆転して6ポイントのリードを奪いました。これほど早く首位を奪還ができると思っていましたか?

トリッソ サッカーはあっという間に状況が変わるけど、今回のことは必ずしも想像していたことではないよ。ただ、ユップ・ハインケスが監督に就任してからチームがうまくいくようになった。いい流れに乗っているのは間違いないし、それはドルトムント戦でも証明することができた。

――ここからバイエルンが独走態勢に入るのでしょうか?

トリッソ シーズンは先が長い。まだ11試合しか戦っていないし、この先もいろいろなことが起こり得る。情勢があっという間に変わるということを目の当たりにしたばかりだしね。周囲の期待に応えられるよう、懸命にやっていかないと。

――最大のライバルはやはりドルトムントライプツィヒでしょうか?

トリッソ そうなるだろうね。ライプツィヒにはドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)で苦しめられたし、今後も上位争いに絡んでくるはずだ。ドルトムントにしても選手はそろっているし、また立て直してくるだろう。

――ウィンターブレークまでの目標は?

トリッソ もちろん目指すのはヘルプストマイスター(秋の王者)だ。僕らはすべての試合を勝ちたいと思っているし、連勝をできるだけ伸ばしていきたいね。とてもやりがいがある。

© gettyimages / Alex Grimm/Bongarts

――ハインケス監督の下で1カ月やってみてどうですか?

トリッソ 規律とまとまりをとても大切にする監督だね。守備練習に多くの時間を割き、コンパクトな陣形を取ることで、攻守の最適なバランスが見つかった。順調にいっていると思うよ。

――バイエルンに加入して4カ月が経ちましたが、改めてどんなチームでしょう?

トリッソ すぐにバイエルンの素晴らしさを理解した。あらゆることが完璧にオーガナイズされていて、予想外のアクシデントなんて起きないようになっている。最高の環境でやらせてもらっているよ。練習場ひとつ取ってみても、ものすごく近代的だし、プロ選手としてベストの仕事ができるようすべてが整えられている。本当に幸せだよ。

――リーグ・アンとブンデスリーガの違いについてはどうですか?

トリッソ すごく印象に残ったのは、サポータの選手に対する接し方だね。外出中に写真やサインを頼まれることもあるけど、彼らはいつもリスペクトを持って接してくれる。強引に要求してくることは一切なくてありがたいよ。そして、ブンデスリーガとリーグ・アンではプレースタイルや練習のやり方も大きく異なる。具体的に言うなら、練習メニューがとても濃い。ボールを持ったら速攻を仕掛けるし、運動量の多いチームが多数あるのも印象的だね。

© imago / MIS