バイエルンはティアゴの活躍でCLアーセナル戦に5ー1で快勝。ベスト8進出に大きく前進した - © © imago / Ulmer
バイエルンはティアゴの活躍でCLアーセナル戦に5ー1で快勝。ベスト8進出に大きく前進した - © © imago / Ulmer
ブンデスリーガ

ティアゴはバイエルン攻撃陣の心臓

恩師が去り、ドイツでさらに成長

ティアゴ・アルカンタラがバイエルン・ミュンヘンの新たなけん引役として躍動している。バイエルンは15日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のファーストレグでアーセナル(イングランド)に5ー1で大勝。この一戦でティアゴは2ゴール1アシストをマークして勝利の立役者となった。

そんなティアゴに対し、カールハインツ・ルンメニゲ社長は「私の印象では彼がベストプレーヤーだった。2ゴールを挙げたからというだけでなく、そのプレーもずば抜けていた」とベタ褒め。カルロ・アンチェロッティ監督も「抜群のパフォーマンスだった。ゴールも決めたし、パーフェクトそのものだった」と称賛を惜しまない。

ティアゴは2013年夏、当時の監督だったペップ・グラルディオラ(現マンチェスター・C監督)が古巣のバルセロナ(スペイン)から教え子を引き抜く形でバイエルンに加入。その恩師は昨夏にクラブを去ったが、ティアゴはその後もドイツの地で着実に成長を続けている。アンチェロティ新監督の下で4-2-3-1のトップ下に抜擢され奮闘。第16節に行われたライプツィヒとの首位攻防戦では1ゴール1アシストの活躍で3ー0の快勝に貢献した。

アンチェロッティ監督はCLのアーセナル戦後、「彼をラインの中間でプレーさせた。そこがチームにとって非常に重要なポジションだからだ」とティアゴがキーマンであったことを明言。昨季までも主に守備的MFの位置で責任ある役割を担ってきたが、その頭脳的プレーと視野の広さは、攻撃的なポジションでこそより生きるようになっている。

- © imago