ドイツ人指導者の中で最も優れた若手監督の一人と評されるドルトムントのトゥヘル - © © gettyimages / Hitij / Bongarts
ドイツ人指導者の中で最も優れた若手監督の一人と評されるドルトムントのトゥヘル - © © gettyimages / Hitij / Bongarts
ブンデスリーガ

戦術家トゥヘルのサッカー人生

ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督は、チームを2シーズン連続で欧州カップ戦の準々決勝とドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)の決勝へと導いた。同世代のドイツ人指導者の中で、最も優れた監督の一人に数えられるトゥヘルは、これまでどんなサッカー人生を歩んできたのだろうか。

マインツをクラブ史上初のEL出場に導く

1973年8月29日生まれのトゥヘルは、TSVクルムバッハのユースチームでサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた。その後、当時4部だったアウクスブルクに加入し、1992年には2部のシュトゥットガルター・キッカーズで8試合に出場、3部のSSVウルムでは69試合に出場した。

慢性的な膝のケガが完治せず、プレーヤーとしての道は25歳の若さで諦めたが、トゥヘルのサッカー意欲は増すばかりだった。ウルム時代の監督だったラルフ・ラングニックから刺激を受け、シュトゥットガルトのUー19チームで指導者キャリアをスタート。5年後にはアウクスブルクに移り、ユースチームのコーディネーターとして3年間経験を積む。その後、マインツのUー19チームの監督に就任し、その年の国内大会で優勝を飾ってにわかに注目を集めた。

- © gettyimages / Alexander Hassenstein
- © imago