終了間際のデミルバイの得点でクラブ史上初の欧州カップ戦出場を決めたホッフェンハイム - © © imago
終了間際のデミルバイの得点でクラブ史上初の欧州カップ戦出場を決めたホッフェンハイム - © © imago
ブンデスリーガ

データで振り返る第30節(1)ケルン対ホッフェンハイム

ホッフェンハイムが後半アディショナルタイムの得点で追いつき、勝ち点1を獲得。6位以内を確定させ、来季の欧州カップ戦出場を決めた。土壇場で白星を逃したケルンは8位に後退。大迫勇也は2試合連続のフル出場を果たした。 ケルン 1ー1 ホッフェンハイム

    ホッフェンハイムはクラブレコードとなる勝ち点「55」に到達。クラブ史上初の欧州カップ戦出場を決めた
    ホッフェンハイムはリーグ最多となる今季13度目の引き分け。1シーズンの引き分け回数としてはクラブ最多
    ボール支配率はホッフェンハイムが59%をマーク。シュート数はケルンが12本で11本のホッフェンハイムを上回った
    ホッフェンハイムのケレム・デミルバイが起死回生の同点弾を挙げ、ブンデスリーガで自身初の2戦連発。直近2試合で3ゴールを挙げている
    ケルンは直近11試合で2勝しか挙げていない
    レオナルド・ビッテンクールトがケルン加入からリーグ戦41試合目で5点目をマーク。前所属のハノーファーでは57試合で5得点だった
    ケルンのルーカス・クリュンターはチーム最高となる対人勝率73%を記録
    今季のケルンは先制した試合で10勝5分けと必ず勝ち点を取っている