Summary

  • 第21節フランクフルト対インゴルシュタットのマッチデータ
  • フランクフルトのアブラハムが34分に一発退場
  • 長谷部がPKを失敗。フランクフルトのPK失敗は今季3度目

アイントラハト・フランクフルトが降格圏の17位に沈むインゴルシュタットに0-2で完敗。今季初の連敗で3位から5位に後退した。一方のインゴルシュタットはアウェーゲームで今季初の2点差勝利を手にした。

アイントラハト・フランクフルト 0-2 インゴルシュタット

  • フランクフルトは直近7試合で4敗目。今季初の2連敗を喫した

  • フランクフルトのホーム無敗も11試合でストップ。これまでホームでは10カ月以上も負けていなかった

  • インゴルシュタットはマイク・バルプルギス監督の就任以降の14試合で5勝4分け5敗と勝率5割を記録

  • インゴルシュタットのロマー・ブレシェリーはブンデスリーガ通算20本目のシュートで初ゴールを挙げた

  • ブレシェリーの先制点はコーナーキックから決まったもの。インゴルシュタットは今季19ゴールのうち11ゴールをセットプレーから奪っている

インゴルシュタットはCKとPKで2得点。得意のセットプレーで貴重な勝ち点3を手にした © imago / Jan Huebner

  • インゴルシュタットのパスカル・グロースは先制点につながるコーナーキックを蹴っただけでなく、69分にはPKを沈めて貴重な追加点をもたらした

  • フランクフルトのダビド・アブラハムが1点を追う34分に一発退場。ブンデスリーガ出場97試合目にして初の退場処分を受けた

  • インゴルシュタットのマシュー・レッキーも81分に退場。こちらは第14節のライプツィヒ戦に続いて今季2度目の退場処分だった

  • フランクフルトは56分にPKを獲得したものの、長谷部誠が失敗。フランクフルトは今季得た4つのPKのうち3本を外している(アレクサンダー・マイヤーが2回、長谷部が1回)