シャルケがトップ6のチームから勝ち点3をもぎ取ったのは今季初 - © © gettyimages / Dean Moutharopoulos
シャルケがトップ6のチームから勝ち点3をもぎ取ったのは今季初 - © © gettyimages / Dean Moutharopoulos
ブンデスリーガ

データで振り返る第20節(4)シャルケ対ヘルタ・ベルリン

シャルケがギド・ブルクスタラーとレオン・ゴレツカのゴールでヘルタ・ベルリンに2ー0で快勝。ヘルタ戦での相性の良さを発揮してリーグ戦3試合ぶりの勝利を収めた。

シャルケ 2-0 ヘルタ・ベルリン

    シャルケは今季トップ6のチームとの対戦で2分け6敗と苦戦していたが、初めて上位勢から白星を挙げた

    シャルケはホームのヘルタ戦で9連勝と相性抜群。さらに、そのうちの8試合を無失点で乗り切っている

    ヘルタは年明けのリーグ戦4試合で早くも3敗目。8日に行われたドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)でもPK戦の末にドルトムントに敗れている

    ヘルタはリーグ戦のアウェーゲームで4連敗

    今季のヘルタはホームで勝ち点24を稼いでいるのに対し、アウェーではわずか勝ち点9にとどまっている

    シャルケはヘルタの4本を大きく上回る14本のシュートを放ち、チーム総走行距離でも相手を4km近く上回った

    先制点を挙げたブルクスタラーはヘルタの総シュート数を上回る5本のシュートを記録。追加点を挙げたゴレツカも相手の総シュート数に並ぶ4本のシュートを放った

    ゴレツカは今季3点目。第20節終了時点で3ゴールは自己最速ペース

    ブルクスタラーは年明け以降、チーム総得点の半分に当たる2ゴールを決めている

    シャルケの2得点をアシストしたナビル・ベンタレブは、ボールタッチ数でも両チーム最多の86回を記録

- © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos