レーバークーゼンのチチャリートは第5節のマインツ戦以来となる複数得点を挙げた - © gettyimages
レーバークーゼンのチチャリートは第5節のマインツ戦以来となる複数得点を挙げた - © gettyimages
ブンデスリーガ

データで振り返る第20節(2)レーバークーゼン対フランクフルト

レーバークーゼンがチチャリートの2ゴールなどで3-0の快勝。後半戦初勝利を挙げるとともに、アイントラハト・フランクフルトに3試合ぶりの土をつけた。

レーバークーゼン 3-0 アイントラハト・フランクフルト

    フランクフルトは直近のアウェーゲーム4試合で3敗目。今季の5敗はすべて敵地で喫している

    フランクフルトはウィンターブレーク前のアウェー戦でわずか5失点だったが、年明け以降はアウェー3試合ですでに6失点を喫している

    チチャリートが挙げたレーバークーゼンの先制点はフランクフルトにとってアウェー通算1500失点目だった

    チチャリートの1試合2得点以上は今季2度目。ブンデスリーガ通算では5度目となった

    レーバークーゼンのケビン・フォラントが今季初得点をマーク。リーグ戦11試合目の出場、12本目のシュートでの初ゴールだった

    フランクフルトは今季ワーストとなる17本のシュートを浴びた

    レーバークーゼンのラース・ベンダーが3カ月に及んだ戦線離脱から復帰。62分に交代でピッチを退くまで両チーム通じて最長の総走行距離8.4kmをマークした

    レーバークーゼンのGKベルント・レノが公式戦250試合出場を達成。2度のスーパーセーブを含む完封勝利で自らの記録に花を添えた

- © imago / mika