Summary

  • バイエルンの連勝は8でストップ
  • ラームがバイエルンでの公式戦500試合出場を達成
  • バートシュトゥーバーがリーグ戦で約1年ぶりの先発出場

バイエルン・ミュンヘンシャルケに1ー1で引き分け、リーグ戦の連勝が8でストップした。それでも2位ライプツィヒが敗れたことでその差は4まで広がった。

バイエルン・ミュンヘン 1-1 シャルケ

  • フィリップ・ラームがバイエルンでの公式戦通算500試合出場を達成。シャビ・アロンソも同クラブでの公式戦出場が100試合に到達した

  • シャルケは競り合い勝率で53%をマーク。チーム総走行距離でも117.2kmとバイエルンの110.5kmを大きく上回った

  • バイエルンは総シュート数12本のうち5本を84分以降に放った

  • 両チームともにこの試合最初のシュートが得点につながった

  • 先制点を挙げたバイエルンのロベルト・レバンドフスキは、ブンデスリーガ通算ゴール数を136とし、ホルスト・ルベッシュと並んで歴代19位に浮上した

  • レバンドフスキは対シャルケ戦直近3試合で4ゴール目

  • レバンドフスキはリーグ戦直近7試合で8ゴール目を挙げたが、自身がゴールを決めた試合での連勝記録は「39」でストップ

  • FKで同点弾を決めたシャルケのナルドは、ウォルフスブルク在籍時の2015年12月(CLマンチェスター・U戦)以来となる公式戦ゴール。さらにブンデスリーガでの得点となると2015年5月のドルトムント戦までさかのぼる

© gettyimages

  • ナルドにとってバイエルンのマヌエル・ノイアーは最も多くのゴールを奪っている相手。今回の得点で通算4ゴール目となった

  • バイエルンがセットプレーから失点を喫したのは今季初

  • シャルケにとってナルドの同点弾はDFの今季初ゴール

  • 今冬にバイエルンからシャルケに加入したホルガー・バートシュトゥーバーが古巣相手に新天地デビュー。バイエルンではリーグ戦120試合に出場している

  • バートシュトゥーバーはリーグ戦で約1年ぶりの先発出場を果たし、96%のパス成功率を記録。ブランクを感じさせないプレーを見せた