Summary

  • 大一番を制したライプツィヒは首位バイエルンを勝ち点3差で追走
  • 今季初黒星のホッフェンハイムは5位に後退
  • ホッフェンハイムのワーグナーがブンデスリーガ通算4度目の退場処分

今節最大の注目カードとなった2位ライプツィヒと3位ホッフェンハイムの一戦は、ホームのライプツィヒが数的有利を生かして逆転勝ち。開幕から無敗をキープしていたホッフェンハイムに土をつけた。

ライプツィヒ 2-1 ホッフェンハイム

  • ライプツィヒはホーム7連勝を達成。7連勝は今季のブンデスリーガで最長の連勝記録

  • ライプツィヒの勝ち点42、得失点差+20は、第18節終了時点における昇格チームの最高成績。1997/98シーズンに昇格1年目でリーグ制覇を成し遂げたカイザースラウテルンの成績(勝ち点42、得失点差+18)を上回った

  • 開幕から唯一無敗を守っていたホッフェンハイムがついに初黒星。リーグ戦では2016年5月14日のシャルケ戦以来、約8カ月半ぶりの敗戦だった

  • ホッフェンハイムは最近9試合でわずか2勝(6分け1敗)。ライプツィヒとの勝ち点差は11に広がり、順位も5位まで後退した

  • ホッフェンハイムは2008/09シーズンのブンデスリーガ昇格以来、後半戦の初戦でわずか1勝(3分け5敗)。2009年にコットブスに2-0で勝利して以来、8シーズン連続で勝利から見放されている

  • ライプツィヒがホームゲームで先制を許したのは今季初めて

  • ホッフェンハイムが先制点を勝利に結びつけれなかったのは今季7度目(6分け1敗)でリーグ最多

  • ライプツィヒのマーセル・ザビッツァーは今季ホームゲームで初ゴール。なお、敵地でのホッフェンハイム戦でもゴールを決めている

  • ライプツィヒのティモ・ウェアナーはホームで5試合連続ゴール。ホッフェンハイムのチーム総シュート数(5本)を上回る6本のシュートを一人で放った

  • サンドロ・ワーグナーが60分にレッドカードを受け、ホッフェンハイムの今季退場者第1号に。ブンデスリーガでの退場処分は通算4度目で、その4度をすべて異なるクラブで経験している(ブレーメンヘルタ・ベルリンダルムシュタット、ホッフェンハイム)

ホッフェンハイムのワーグナーはキャリア4度目となる退場処分を受けた © gettyimages / Boris Streubel