Summary

  • 勝ったインゴルシュタットは自動降格圏を脱出
  • 敗れたハンブルガーSVは入れ替わりで自動降格圏の17位に転落
  • ハンブルガーSVの酒井が今季初ゴールをマーク

ともに2017年の初戦を落としていた17位インゴルシュタットと16位ハンブルガーSVの一戦は、ホームのインゴルシュタットが3-1で勝利した。残留争いの直接対決を制したインゴルシュタットは自動降格圏を脱出して16位に浮上。一方のハンブルガーSVは入れ替わりで17位に転落した。

インゴルシュタット 3-1 ハンブルガーSV

  • インゴルシュタットは対ハンブルク戦で公式戦初勝利

  • ハンブルクは早くも今季11敗目。第18節終了時点の成績としてはクラブワーストとなった

  • インゴルシュタットは2点目をFKから、3点目をPKから記録。チーム総得点17のうち9ゴールをセットプレーから生み出している

  • インゴルシュタットのマルクス・ズットナーは直接FKからリーグトップの3ゴール目を記録。同じくロングレンジからの得点でもリーグ最多の3ゴールを記録している

チームに2点目をもたらしたズットナー。直接FKから早くも今季3ゴール目を記録した © imago

  • ハンブルクは今季リーグ最多となる6つ目のPKを献上。早くも昨季の5回を上回った
  • PKを成功させたインゴルシュタットのアルモグ・コーエンは今季3点目となり、昨季までのブンデスリーガ通算ゴール数「2」を上回った
  • 先制点を挙げたインゴルシュタットのパスカル・グロースは今季25本目のシュートで初ゴールを記録。2点目のFKと3点目のPKを獲得しただけでなく、走行距離でもチームトップの12.3kmをマークして勝利の立役者となった
  • ハンブルクの酒井高徳がブンデスリーガ通算2ゴール目を記録。シュトゥットガルト在籍時の2015年2月のホッフェンハイム戦で決めて以来の得点となった
  • 酒井が決めたゴールはインゴルシュタットにとってロングレンジから喫した今季8つ目の失点。ロングシュートから8失点はブレーメンと並んでリーグ最多