第13節のボルシアMG戦でロイスらとともにハイパフォーマンスを見せたデンベレ - © © imago
第13節のボルシアMG戦でロイスらとともにハイパフォーマンスを見せたデンベレ - © © imago
ブンデスリーガ

デンベレ、進化を続ける19歳

味方であれば頼もしく、敵であれば実に厄介。ドルトムントのウスマン・デンベレはまさにそんな存在だ。12月3日に行われた第13節のメンヘングラートバッハ(ボルシアMG)戦でもゴールを決めたデンベレは、「いいパフォーマンスができてチームも勝つことができた。フランクフルトに負けた後だったから、もっと力があるというところを見せたかった」と喜んだ。

記者に囲まれるとシャイな素顔をのぞかせる19歳。だが、ピッチに立てば全くの別人だ。ボルシアMG戦では8万1360人の大観衆を前に自信に満ちたプレーを披露。64分には得意のドリブルで相手DF2人をかわして低い弾道のシュートを放ち、ダメ押しのチーム3点目をもたらした。

ピエールエメリック・オバメヤン、マーコ・ロイスとともに、ピッチに魔法をかけたデンベレ。この夏、ヨーロッパの多くのクラブが彼の獲得に乗り出したのもうなずける。デンベレはそんな激しい争奪戦の末にドルトムントに加入。ヘンリク・ミキタリ?ヤンが退団し、ロイスが戦線離脱中、アンドレ・シュアレも万全ではない状況下で先発に抜擢されると、ウィットに富んだプレーで瞬く間にサポーターの心をつかんだ。

- © gettyimages / Deniz Calagan
- © imago / Team 2