Summary

  • デュッセルドルフFWラマンのインタビュー
  • チーム2位の得点力で昇格に貢献
  • ニュルンベルクとの優勝争い、来季ブンデスリーガデビューについて

原口元気と宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは、2位以上を確定させ、来季のブンデスリーガ再昇格を決めた。今季、スタンダール・リエージュ(ベルギー)から期限付きで加入したFWベニト・ラマン(23)は27試合に出場、10得点を挙げ、最終節のニュルンベルク戦で勝利すれば優勝を達成するチームの攻撃を牽引してきた。シーズン途中に完全移籍を果たした同選手に、今季の振り返りやニュルンベルクとの決戦、来季について聞いた。

ーー今季がデュッセルドルフにとって特別なシーズンになると、どの段階から気づいていましたか?

ラマン 少なくとも僕に関しては、開幕前から良い予感はありました。僕のキャリアにとってデュッセルドルフは間違いなく重要なステップアップでしたから。でも、これほど全てがうまくいくとは、当時は思っていませんでした。プレシーズン期間を終えた段階では、そのような期待はまだできなかった。質問に戻ると、ダルムシュタット戦(4月2日、第28節)の前に、この試合で良い結果が得られたら、あと1、2試合の勝利で昇格できると確信していました。しかし、ご存知のようにダルムシュタット戦から3連敗を喫してしまったので、少し長くかかってしまいましたね。それでも僕たちは冷静でした。だから少し遅くなりましたが、ドレスデン(4月28日、第32節)での勝利で昇格を決めることができました。

ーー成功のカギはどこにあったとお考えですか?

ラマン 僕は初日から、僕たちは良いチームで、自分たちのサッカーなら試合を優位に決定づけられると確信していました。また、フリートヘルム・フンケル監督が特別な役割を担ったと思います。僕はそれまで監督のことは知らないどころか、一度も聞いたことがありませんでした。最初に説明を受けたのが、監督はこれまで5回もブンデスリーガ2部のクラブを昇格へ導いていると。それで、才能はあるけれど経験のない選手、 年齢が上で経験のある選手を、チームとして一つにまとめる術を知っている監督であることとが分かりました。そして、それこそが今季の僕たちのカギでしたね。

ーー成功の要因の一つに、ラマン選手のパフォーマンスも挙げられます。今季ここまで10ゴールで、チーム2位の得点力です。

ラマン 実際、最初に自分が高望みしていたよりも多くのゴールを決めることができました。たぶん、誰も僕にここまで期待していなかったんじゃないかな(笑)

ーーラマン選手にとってキャリアの中で最高のシーズンということですね?

ラマン そうだと思います。ベルギーのクラブに所属していた時にも良い状況が続いたことはありました。でも、当時は1ゴールを挙げるまでに多くのチャンスを要した。今季はその点が異なりました。それに、自分自身がうまくいくと、チームの状態も良くなっていく。それは毎週、自信につながりましたよ。

© imago / Sascha Janne

ーー喜びに混じる一滴の苦渋は、前節ニュルンベルクに首位の座を奪われたことです。ラマン選手のようにブンデスリーガ2部でプレーするのが初めての選手にとって、体力の消耗が表れているのでしょうか?

ラマン そうかもしれませんね。特にこのリーグは非常に拮抗していますから。どのチームがどのチームに勝ってもおかしくないし、勝ち点を5、6点差つけたくらいでは全く安心できません。たとえ2、3週間前には首位に立っていたとしても、5位、6位に転落し、降格の危機に直面することさえありますから。

ーー最終節にニュルンベルクに勝ちさえすれば、デュッセルドルフが優勝です。

ラマン すでに両クラブとも昇格は決めていますから、2位だろうが、1位だろうが、それほど大きな差はないと思います。ただ、その一方で僕たちはアウェーにも駆けつけてくれ、シーズン全体を通して素晴らしいサポートをしてくれたファンに感謝の気持ちを伝えたいです。だから、ブンデスリーガ2部の優勝はファンへのお礼になるでしょう。僕たちはこの任務に向けて真剣に取り組み、全てを捧げ、ニュルンベルクに勝ちたいと思います。2位になったとしても、最悪のシナリオになるわけではありませんけどね。

 もうすぐ夢が叶う「まだちょっと信じられない」

ーー数ヵ月後には初めてブンデスリーガの舞台に立ちます。どのようなことを考えていますか?

ラマン 正直、もうすぐブンデスリーガでプレーすることは頭では分かっていますが、まだ現実味がありません。たぶん、アリアンツ・アレーナやフェルティンズ・アレーナ、ジグナル・イドゥナ・パークなどのピッチに立つという僕の大きな夢が叶った時に初めて、実感するでしょう。サッカーを始めた頃から世界のトップリーグで、一流の選手たちと競うことが僕の夢でした。そして、それが叶います。まだちょっと信じられません。

© imago / Nordphoto/Meuter

ーーブンデスリーガ2部とベルギー1部リーグを比較するといかがですか?

ラマン ベルギーリーグのトップチームはブンデスリーガ2部に参戦したとしても、昇格争いをできると思います。それでも、大きな変革が必要でしょうね。ブンデスリーガ2部は球際が激しく、全員が必死に走り、息つく暇もありません。こういったことは、ベルギーのトップチームでも慣れていないでしょう。でも、ベルギーはテクニックが高く、とても良いサッカーをしますよ。

ーーベルギーは小さい国にも関わらず、トップリーグでプレーできる素晴らしい選手を常に輩出しています。例えば、プレミアリーグのエデン・アザールやメンヘングラートバッハのトルガン・アザールの兄弟のように。

ラマン トルガンとディボック・オリジ(ウォルフスブルク)とはベルギー代表のユース年代で一緒にプレーしました。当時から彼らがどのレベルで通用するか、明らかでした。

ーーロシアW杯でベルギーが決勝に進出すると予想している専門家もいます。ラマン選手は自国をどのように見ていますか?

ラマン ベルギー代表は2014年のW杯でも2016年のユーロでも良いチームであることを示してきました。でも、ドイツやブラジル、スペインは常に優勝候補ですし、彼らはW杯王者の経験があります。ベルギーにはその経験がまだありません。だから、W杯で優勝する夢を叶えるのはとても難しいでしょう。でも、見込みがないわけではありませんよ。

© imago / Horstmüller