Summary

  • ブンデスリーガ2部第33節、デュッセルドルフ対キール
  • デュッセルドルフ引き分け、得失点差で2位に転落
  • 原口、宇佐美はともに先発

ブンデスリーガ2部第33節が5月6日に行われ、原口元気と宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは本拠地でホルシュタイン・キールと1ー1で引き分けた。先発した原口は86分に交代し、宇佐美はフル出場を果たした。

フォルトゥナ・デュッセルドルフ 1ー1 ホルシュタイン・キール

最初のチャンスは13分、味方のスルーパスで宇佐美がペナルティーエリア左に抜け、GKクロンホルムの位置を確認し左足を振り抜く。しかしDFに寄せられていたこともあり、ボールは枠を捉えることはできなかった。

さらに31分、原口が倒されて獲得した左サイド高い位置でのFKを宇佐美が蹴り、ゴール前に飛び込んだアイハンが頭でコースを変えるも、ボールはゴールマウスの右上へ流れてしまった。

キールも37分、チコスの縦パスをシンドラーがダイレクトで前線に送り、左へ抜けたドゥクシュがシュートを放ったが、ネットを揺らすことはできない。

© gettyimages / Maja Hitij

スコアレスのまま後半に突入するとまずは46分、中盤でのこぼれ球をゾボトゥカが拾い、自ら前線へ運んでミドルレンジから狙ったものの、クロスバーの上を越えてしまう。

続いて70分、球ぎわでの競り合いに勝ったギーセルマンが左サイドを突破。低い弾道のクロスにヘニングスがダイビングヘッドで合わせるも、またしても枠を捉えられない。

すると75分、前線に入ったボールをヘニングスが落とし、混戦の中これを受けたラマンが冷静にネットへシュート。これが決まり、デュッセルドルフが先制する。

© gettyimages / Maja Hitij

しかしその2分後、ドレクスラーのパスを受けたドゥクシュがペナルティーエリア左でボルムートをかわし、GKウォルフとの1対1の場面で難なくゴール。キールがすぐさま試合を振り出しに戻した。

そしてこのまま90分間の戦いは引き分けで終了。ニュルンベルクがザントハウゼンに勝利したため、デュッセルドルフは得失点差により首位から陥落した。デュッセルドルフとニュルンベルクは、最終節で2部優勝を懸けて直接対決を迎える。

© imago / Team 2

【得点】

フォルトゥナ・デュッセルドルフ:ラマン(75分)
ホルシュタイン・キール:ドゥクシュ(77分)

【ラインナップ】

フォルトゥナ・デュッセルドルフ(4ー3ー3
ウォルフ;シャウアーテ、アイハン、ボルムート、ギーセルマン;ニールセン(68分 ラマン)、ボジェク、ゾボトゥカ;宇佐美、ヘニングス、原口(86分 ロブレン)

キール(4ー3ー3)
クロンホルム;ヘアマン(65分 ハイディンガー)、シュミット、チコス、ファンデンベルク;ミューリング、キンソンビ、ドレクスラー;シンドラー、ドゥクシュ(90分+2 セイデル)、ワイラント(90分+2 レベレンツ)