原口と宇佐美のデュッセルドルフはボーフムに敗戦。今季2度目の連敗となってしまった - © imago / Jörg Schüler
原口と宇佐美のデュッセルドルフはボーフムに敗戦。今季2度目の連敗となってしまった - © imago / Jörg Schüler
ブンデスリーガ2部

デュッセルドルフ、今季2度目の連敗

ブンデスリーガ2部第29節初日が4月6日に行われ、原口元気と宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは本拠地でボーフムと対戦し、1ー2で敗れた。原口はフル出場、宇佐美は70分からの出場だった。 フォルトゥナ・デュッセルドルフ 1ー2 ボーフム

両チーム最初のシュートは4分のボーフム。ペナルティーエリア左でボールを受けたサムが、DFをかわしてゴールを狙うも、GKウォルフの正面に飛んでしまう。

さらに10分、右からヒンターゼーアがクロスを放り込むと、ミスキックとなったボールはそのままゴール方向へ。だがウォルフがパンチングでクリアし、CKに逃げている。

30分にはデュッセルドルフにもチャンスが生まれ、CBのアイハンが自らドリブルで縦に運び、フィンクを経由した後、左の原口がセンタリング。ファーサイドのツィマーがフリーでダイレクトボレーを放ったものの、左ポストの外側へ流れた。

- © imago / Horstmüller
- © imago / Horstmüller
- © imago / nph/Mauelshagen
- © gettyimages / Christof Koepsel