Summary

  • ウォルフスブルクのディダビが「コモン・ゴール」に賛同
  • ブンデスリーガでは7人目の賛同者
  • バイエルンのフメルス、ドルトムントの香川真司らも参加

ウォルフスブルクのMFダニエル・ディダビが慈善活動「コモン・ゴール」への参加を表明し、ブンデスリーガ7人目のチャリティーイベント賛同者となった。

『コモン・ゴール』はマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表MFフアン・マタが立ち上げたチャリティープロジェクトで、社会貢献のために年俸の1%を寄付するというもの。すでにバイエルン・ミュンヘンのマッツ・フメルス、ホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督、ドルトムントの香川真司らブンデスリーガの7人を含む計23人の選手、監督が参加している。