バイエルンのビダルはチリ代表として参戦中のコンフェデ杯でも抜群の存在感を示している - © © gettyimages
バイエルンのビダルはチリ代表として参戦中のコンフェデ杯でも抜群の存在感を示している - © © gettyimages
ブンデスリーガ

チリの命運を握る男

アルトゥーロ・ビダルが戦っている姿を見ていると、円形競技場があったローマ時代にタイムトリップをしたような気持ちになる。時に声を上げ、威厳を保ち、すべてを投げ出して勝つという不屈の闘士。バイエルン・ミュンヘン、そしてチリ代表として戦うビダルは“現代のグラディエーター”と言えるような選手だ。

ロデリーノで子ども時代のビダルを指導したアルトゥーロ・オリア監督は「彼のことを“アースイーター”と言っていた」と当時のことを振り返った。「転んでもプレーした。叩いてやめさせるほどだったよ。でも、痛めつけられてもケガをしても、彼は気にとめる様子などなかった」

そんな子ども時代から20年。ビダルの強さは増すばかりだ。コロコロとプロ契約を結び、その後はレーバークーゼンへ移籍。そして、ユベントスとバイエルンでのプレーを経て中盤を広くカバーできる完璧なMFとなった。

ビダルは2014年のインタビューで臆することなく自画自賛していた。「僕のプレースタイルを真似ようとする人たちはたくさんいる。でも、一つだけ言いたいのは僕こそが世界最高の守備的MFだ。僕ほどしっかり守備をしてゴールも挙げられる選手はいない」

- © imago / Photosport
- © imago / MIS